TOP > おすすめ土木探訪ルート関東 > もしここで地震がおこったら。生死の分かれ目72時間を体験してみよう!!

おすすめ土木探訪ルート 関東

もしここで地震がおこったら。生死の分かれ目72時間を体験してみよう!!

「防災体験学習施設」。体験ツアー「東京直下72hTOUR」で、首都直下型地震の発生から避難までの一連の流れを体験したり、映像ホールや防災ギャラリーなどを通じて防災について学ぶ。

イメージ

①東京臨海広域防災公園→徒歩5分→②そなエリア東京(防災体験学習施設)→徒歩1分→③そなエリア東京(防災体験学習施設)1F;防災体験ゾーン→徒歩1分→④そなエリア東京(防災体験学習施設)2F;防災学習ゾーン→徒歩1分→⑤そなエリア東京(防災体験学習施設)2F;オペレーションルーム→徒歩5分→⑥そなエリア東京(防災体験学習施設)屋上(所用時間:半日)

スタート

東京臨海広域防災公園
地図番号1

  • 場  所:東京都江東区有明3丁目
  • アクセス:有明駅 、国際展示場駅 徒歩5分
写真写真

この公園は、首都直下地震等の大規模な災害発生時に、現地における被災情報のとりまとめや災害応急対策の調整を行う「災害現地対策本部」等が置かれる首都圏広域防災のヘッドクオーター及び広域支援部隊等のベースキャンプ、災害医療の支援基地として、東扇島地区(川崎市)の物流コントロールセンターと一体的に機能する防災拠点施設です。
平常時には、花と緑があふれる国営公園(6.7ha)と都立公園(6.5ha)が融合した広大なスペースで、軽い運動やピクニックを楽しむなど、休憩・休息の場として利用できる公園です。

徒歩徒歩5分

そなエリア東京(防災体験学習施設)
地図番号2

  • 場  所:東京都江東区有明3丁目
  • アクセス:有明駅 、国際展示場駅 徒歩5分
写真写真

大地震等の大規模災害発生時に市民各々が対処するための災害に関する知識、技術、自助・互助・共助・公助の意識について、様々な年齢層の来館者一人ひとりが様々な体験・学習を通じて習得できることを目的とした施設です。
施設の1階が防災体験ゾーン、2Fが防災学習ゾーンとなっています。
写真の出典

徒歩徒歩1分

そなエリア東京(防災体験学習施設)1F;防災体験ゾーン
地図番号2

  • 場  所:東京都江東区有明3丁目
  • アクセス:有明駅 、国際展示場駅 徒歩5分
写真写真

首都直下地震の発災から避難までの流れを体験できる施設です。
受付でニンテンドーDSを受け取り体験ツアーがスタートします。音響・照明・映像により余韻が繰り返される被災した市街地を表現したジオラマの中を、ニンテンドーDSを使ったクイズで注意事項を確認しながら避難場所へ移動する体験ができます。

徒歩徒歩1分

そなエリア東京(防災体験学習施設)2F;防災学習ゾーン
地図番号2

  • 場  所:東京都江東区有明3丁目
  • アクセス:有明駅 、国際展示場駅 徒歩5分
写真写真

映像ホールは、2009年にフジテレビほかにて放送されたアニメ「東京マグニチュード8.0」を、この施設用に再構成した「東京マグニチュード8.0~東京直下72h~」を上映しています。
防災ギャラリーは、世界の防災用品や各種防災ゲームを展示しています。
情報ラウンジでは、首都直下地震をわかりやすく紹介するミニシアターやパソコンによる防災クイズ、防災学習映像のライブラリーなどが用意されています。

徒歩徒歩1分

そなエリア東京(防災体験学習施設)2F;オペレーションルーム
地図番号2

  • 場  所:東京都江東区有明3丁目
  • アクセス:有明駅 、国際展示場駅 徒歩5分
写真写真

発災時に使用されるオペレーションルームを2階からご覧いただくことができる。

徒歩徒歩5分

終点

そなエリア東京(防災体験学習施設)屋上
地図番号2

  • 場  所:東京都江東区有明3丁目
  • アクセス:有明駅 、国際展示場駅 徒歩5分
写真写真

屋上公園として整備されている。