TOP > 関東 > 月夜野大橋

月夜野大橋

つきよのおおはし

基本情報

利根川を跨ぐ桁高変化が美しいPC橋

拡大写真
  • 月夜野大橋
  • 月夜野大橋
  • 月夜野大橋
  • 月夜野大橋

クリックして
画像を拡大

施設データ

分類:道路・橋梁
建設年:1981年~1982年(昭和56年~57年)
建設の背景(由来・ストーリー):一般国道17号のバイパス整備にともない、利根川を跨ぐ橋として建設されました。
施設の役割:利根川を跨ぐ橋梁です。
関連する土木技術者:発注者:建設省
受注者:清水建設

Rate this post

日本で初めて採用されたP&Z工法※により架設されたPC橋

※P&Z工法は、橋上部に設けた移動式の架設から型枠装置を懸垂し、橋脚の両側に上部工(道路になる部分)を順次、張り出して分割施工する工法。地上からの作業はなく、適用支間が40~150mなので長大橋にも対応できます。

 

施設の状態:供用中
所在地:群馬県利根郡みなかみ町真庭
アクセス:関越自動車道 月夜野ICを下りてすぐ
見学方法(開館時間、入館料等):供用中

周辺情報

周辺の歴史スポット

    周辺の観光スポット

      周辺の宿泊・温泉

        口コミ・写真

        月夜野大橋の平均評価
        Rate this post

        レビューを投稿する

         

        Optionally add an image (JPEG only)

        社会科見学

        プロのみどころポイント

        技術的特徴

        旧西ドイツから技術導入されたP&Z工法※の、わが国初の施工例。

        ※P&Z工法は、橋梁上部に設けた移動式の架設桁から型枠装置を懸垂し、橋脚の両側に上部工(道路になる部分)を順次、張り出して分割施工する工法。地上からの作業はなく、適用支間が40~150mなので長大橋にも対応できます。

        出典:THEプロジェクト 清水建設

        その他

        桁下からの作業なしで施工中の月夜野大橋
        出典:P&Z協会HP