TOP > 関東 > 大渡橋

大渡橋

おおわたりばし

基本情報

日本百名橋

拡大写真
  • 大渡橋
  • 大渡橋
  • 大渡橋
  • 大渡橋

クリックして
画像を拡大

施設データ

分類:道路・橋梁
建設年:1988年(昭和63年)
建設の背景(由来・ストーリー):現在の大渡橋の下流に「大渡りの渡し」がありました。1858年(安政5年)に架橋の悲願が実り、有料の万年橋(長さ122m刎橋)が架けられましたが、1863年(文久3年)に流失してしまいました。明治時代、舟橋や木橋が架けられた後、近代橋の利根橋が下流に架けられました。1921年(大正10年)初代となる大渡橋(長さ504m三連鋼曲弦トラス橋)が架けられ、萩原朔太郎は『郷土望郷詩』で題材としました。 1943年(昭和18年)に架け替えられた後、1988年(昭和63年)今日の橋となりました。
出典:ウィキペディア 大渡橋icon
施設の役割:大渡橋(おおわたりばし)は、群馬県前橋市の群馬県道6号前橋箕郷線にある利根川に架かる橋で、日本百名橋に選ばれています。 今日の橋は3代目にあたり、左岸側には萩原朔太郎の詩碑、右岸側には緑地があります。
出典:ウィキペディア 大渡橋icon
関連する土木技術者:

Rate this post

大渡橋(おおわたりばし)は、群馬県前橋市の群馬県道6号前橋箕郷線にある利根川に架かる橋で、日本百名橋に選ばれています。 今日の橋は3代目にあたり、左岸側には萩原朔太郎の詩碑、右岸側には緑地があります。
出典:ウィキペディア 大渡橋icon

 

施設の状態:供用中
所在地:群馬県前橋市
アクセス:新前橋駅から4.0km
車で12分
見学方法(開館時間、入館料等):県道6号線
利根川河川敷

周辺情報

周辺の歴史スポット

    周辺の観光スポット

      周辺の宿泊・温泉

        口コミ・写真

        大渡橋の平均評価
        Rate this post

        レビューを投稿する

         

        Optionally add an image (JPEG only)

        社会科見学

        プロのみどころポイント

        技術的特徴

        構造形式 鋼箱桁
        橋長 526m

        1921年(大正10年)に、最初の大渡橋が開通しており、3径間のトラス橋で、両端の側径間にポニートラスのレンズトラス橋が架けられました。1935年に流失しています。現在の橋は3代目になります。

        その他