TOP > 関東 > 吾嬬橋(あづまはし)

吾嬬橋(あづまはし)

あづまはし

基本情報

わが国唯一のピン結合タイプのペンシルバニア型鋼トラス。

拡大写真
  • 吾嬬橋(あづまはし)
  • 吾嬬橋(あづまはし)
  • 吾嬬橋(あづまはし)
  • 吾嬬橋(あづまはし)

クリックして
画像を拡大

施設データ

分類:道路・橋梁
建設年:1901年(明治34年)架設1961年(昭和36年)移設
建設の背景(由来・ストーリー):1901年(明治34年)、鉄道併設道路橋として利根川に架橋された坂東橋の一連が、1961年(昭和36年)、現位置に移設され、国道橋・県道橋・村道橋として、一世紀にわたり現役で利用されている。

出典:土木学会HPicon
施設の役割:この「吾嬬橋」鉄橋の架設によって、暮坂峠を経て中之条と草津が自動車の通行できる道路で結ばれ、東武バスも運行されるようになりました。

出典)産業技術遺産探訪icon
関連する土木技術者:管理者:六合村
設計者:群馬県
施工者:(株)宮路鉄工

出典)群馬県建設技術センターHP

Rate this post

現存する群馬県最古の鋼トラス橋
橋長 69.1m、幅員 3.0m

出典)群馬県建設技術センターHPicon

この吾嬬橋は、三代目で、初代は木橋、2代目は吊り橋でした。これらの橋の写真が「旧・吾妻橋」のたもとに橋の説明とともに掲示されています。

出典)軽井沢観光ガイドicon

 

施設の状態:供用中
所在地:群馬県 吾妻郡 六合村 小雨
アクセス:JR吾妻線長野原草津口駅より約9km

渋川方面より国道145号線の長野原町新須川橋交差点(右折)から国道292号で六合エリアへ。       
中之条町役場六合支所手前の三叉路を右折して約200mのところに吾嬬橋が架かっています。
見学方法(開館時間、入館料等):自由

周辺情報

周辺の歴史スポット

    周辺の観光スポット

      周辺の宿泊・温泉

        口コミ・写真

        吾嬬橋(あづまはし)の平均評価
        Rate this post

        レビュー(1 件)

        1. M42
          Posted 2013年7月24日 at 12:45 PM | Permalink

          なんという涼しげな橋でしょう。美しい。

        レビューを投稿する

         

        Optionally add an image (JPEG only)

        社会科見学

        プロのみどころポイント

        技術的特徴

        「旧・坂東橋」は「ペンシルバニア型トラス鉄橋」で、斜めに組み合わされた鉄骨がピンによってトラスに結合されており、米国製の輸入鋼材でつくられていました。

        出典)産業技術遺産探訪

        その他

        出典)産業技術遺産探訪