TOP > 関東 > 只川橋

只川橋

ただかわばし

基本情報

土木学会選奨土木遺産(2011年(平成23年度))

拡大写真
  • 只川橋
  • 只川橋
  • 只川橋
  • 只川橋

クリックして
画像を拡大

施設データ

分類:道路・橋梁
建設年:1931年(昭和6年)
建設の背景(由来・ストーリー):只川橋は1897年(明治30年)に上信電鉄南蛇井駅の開設に伴い、富岡市と下仁田町を連絡する木橋として県が架設しました。
洪水で何度も流され、現在の橋は1931年(昭和6年)に本県初の「2ヒンジ鋼トラスアーチ橋」として完成しました。

出典:上毛新聞ニュースicon
施設の役割:只川橋は、上信電鉄南蛇井駅の開設に伴い、富岡市と下仁田町を連絡するために架けられました。
出典:上毛新聞ニュースicon
関連する土木技術者:設計者  群馬県(荒井 力)
施工者  株式会社横河橋梁製作所(現株式会社横河ブリッジ)

出典:群馬県建設技術センター

Rate this post

リベット接合による2ヒンジ鋼ブレースドリブアーチ構造の架橋で、当時の芸術的な美しさを現在に残し、地域のシンボルとなっている橋です。

出典:土木学会選奨土木遺産icon

 

施設の状態:供用中
所在地:群馬県 甘楽郡下仁田町~ 富岡市
アクセス:下仁田ICから1.0km
車で3分
見学方法(開館時間、入館料等):県道48号線
鏑川河川敷

周辺情報

周辺の歴史スポット

    周辺の観光スポット

      周辺の宿泊・温泉

        口コミ・写真

        只川橋の平均評価
        Rate this post

        レビューを投稿する

         

        Optionally add an image (JPEG only)

        社会科見学

        プロのみどころポイント

        技術的特徴

        構造形式  2ヒンジ鋼トラスアーチ橋
        主要諸元  橋長 82.4m
        幅員 6.4m

        出典:群馬県建設技術センター

        その他