TOP > 関東 > 境橋

境橋

さかいはし

基本情報

土木学会選奨土木遺産(2007年(平成19年度))

拡大写真
  • 境橋
  • 境橋
  • 境橋
  • 境橋

クリックして
画像を拡大

施設データ

分類:道路・橋梁
建設年:1937年(昭和12年)
建設の背景(由来・ストーリー):明治初期までは渡し舟で連絡していましたが、1897年(明治30年)、幅7尺(約2m)、長さ6間(約11m)の舟を10 艘並べ、その上に梁を渡し、板を敷き並べた舟橋を設置しました。(1代目)
しかし、洪水時には取り外さなければならないなどの問題があったため、1920年(大正9年)、洋式木橋(形だけ洋式を模倣したトラスの木橋)が架設されました。(2代目)
その後、多発する洪水への対応から永久橋への架け替えが望まれ、1937年(昭和12年)に、現在の境橋が架けられました。(3代目)

出典:土木学会関東支部栃木会icon
施設の役割:那須烏山市(旧烏山町)の町並の東端宮原と、その対岸大沢との間を流れる那珂川に、1937年(昭和12年)に架けられた境橋は、上路鉄筋コンクリート・開腹扁平3連アーチ橋です。
これまでの境橋の変遷を見ると、舟橋ができたのが1897年(明治30年)で、それ以前は渡し舟だったようです。この舟橋は、長さ6間(約11m).幅7尺(約2m)の舟を10艘並べて鎖で両岸につなぎ、その上に梁を渡し、板を並べたものでした。
その後、1920年(大正9年)に木橋を架け、1937年(昭和12年)には現在の永久橋になりました。今では幅員が狭く老朽化していますが、歴史を感じさせる高欄には、川や景色を眺めるためのバルコニーが4個所あり、当時ではモダンなデザインだったようです。
この地は、那珂川県立自然公園の核心地として、川面に映える紅葉の山並、水面に揺れるアユ釣り舟、そうした風景が京都の嵐山と桂川の風景に似ていることから「那須嵐山」の呼び名がつけられています。

出典:栃木県の土木遺産(増淵清司)icon
関連する土木技術者:設計者は、関東大震災後の隅田川橋梁群の設計などを手がけた橋梁設計の第一人者である成瀬勝武氏です。



出典:土木学会関東支部栃木会

Rate this post

境橋は、1937年(昭和12年)、那須烏山市の那珂川(大沢~宮原間)に架けられた橋長112.5m、幅員6.1mの上路式のRCオープンスパンドレルアーチ橋※で、全国でも8例程度しかない貴重なバルコニー付きのRC橋です。
橋脚底部は楕円形で、3連のアーチ・円形のバルコニーとともに丸みを帯びた柔和な印象を与え、バランスの良い3連の開腹アーチは、那珂川屈指の景勝地(通称:落石)とも調和して優美な景観を呈し、市民に親しまれています。

※RCオープンスパンドレイルアーチ橋
鉄筋コンクリートにより造られた、上路とアーチ部の間の部分(スパンドレル)に空間を設けたアーチ橋
出典:土木学会関東支部栃木会icon

 

施設の状態:供用中
所在地:那須烏山市
アクセス:烏山駅から2.5km
徒歩30分
見学方法(開館時間、入館料等):県道29号線
那珂川河川敷

周辺情報

周辺の歴史スポット

    周辺の観光スポット

      周辺の宿泊・温泉

        口コミ・写真

        境橋の平均評価
        Rate this post

        レビューを投稿する

         

        Optionally add an image (JPEG only)

        社会科見学

        プロのみどころポイント

        技術的特徴

        構造形式等:RCオープンスパンドレルアーチ橋(ヴォールト+板)
        橋長:112.5m 3スパン(37.27m+37.98m+37.27m)
        幅員:6.1m
        下部工 橋台 重力式
        橋脚 井筒基礎 重力式

        全国に数例しかないバルコニー付きRC 開腹アーチ橋で希少性に富む。景勝地
        に橋梁が融合し新たな地域の景観美を創出しています。

        出典:土木学会関東支部栃木会

        出典:栃木県の土木遺産(増淵清司)

        その他

        出典:栃木県の土木遺産(増淵清司)