TOP > 関東 > 唐桶溜(かろけのため)

唐桶溜(かろけのため)

かろけのため

基本情報

岡田宗山が築き農民窮状を救った溜め池

拡大写真
  • 唐桶溜(かろけのため)
  • 唐桶溜(かろけのため)
  • 唐桶溜(かろけのため)
  • 唐桶溜(かろけのため)

クリックして
画像を拡大

施設データ

分類:河川
建設年:1701年(元禄14年)~1706年(宝年3年)
建設の背景(由来・ストーリー):1701年(元禄14年)、地元の名主であった岡田宗山は、上流部の沢をせき止め、6haの唐桶溜築造に着手しましたが、上流からの流水だけでは満水に至らず、12km離れた鬼怒川から導水することを余儀なくされました。途中、山や台地、森林の続く起伏の激しい難所があり、4kmを隧道とする大変困難な事業でしたが、1706年(宝年3年)にようやく完成したものです。
出展:農林水産省関東農政局icon
施設の役割:唐桶溜は、雑木林の丘陵地に挟まれたこの土地の用水不足解消のため、江戸・宝永年間に築造され、現在も48haの用水源として地域の農業を支えています。
池は、近隣する「唐桶宗山公園」と一体となって良好な景観や環境が保たれており、水生昆虫、魚類、両生類など、多様な生物の生息・生育環境となっています。また、野鳥が多く飛来することで知られ、冬場には白鳥も観察することができます。
池の管理は、地元ボランティア「唐桶溜の環境を守る会」によって草刈りやゴミ拾い等の清掃活動が行われています。
出展:農林水産省関東農政局icon
関連する土木技術者:岡田宗山(おかだそうざん)
近隣する「唐桶宗山公園」は、岡田宗山の名前をとってつけられたものです。
出展:芳賀町

唐桶溜(かろけのため) 5/5 (100%) 2 votes

唐桶溜は、約300年前、農民窮状を救うため、土地の豪農岡田宗山が鬼怒川から導水して完成させたもので、現在も48haの灌漑を行っています。
近隣には「唐桶宗山公園」(カロケソウザンコウエン)が整備されており、屋外バーベキュー施設、多目的広場、長さ102mの大すべり台などがあり、多くの方に利用されています。
出展:芳賀町icon

 

施設の状態:供用中
所在地:栃木県芳賀郡芳賀町東水沼
アクセス:車:北関東自動車道の上三川ICから一般道で40分
見学方法(開館時間、入館料等):制限なし

周辺情報

周辺の歴史スポット

    周辺の観光スポット

      周辺の宿泊・温泉

        口コミ・写真

        唐桶溜(かろけのため)の平均評価
        唐桶溜(かろけのため) 5/5 (100%) 2 votes

        レビューを投稿する

         

        Optionally add an image (JPEG only)

        社会科見学

        プロのみどころポイント

        技術的特徴

        この溜は、江戸時代の宝永年間※1に坂戸用水によって鬼怒川から水を引き用水溜としたものです。
        現在の宇都宮市坂戸町(旧芳賀郡清原村)の鬼怒川河岸から水を取り入れ、途中3箇所の隧道(ずいどう)※2を掘って、東水沼にある唐桶の溜に導水して東水沼、西水沼の沢地帯を灌漑したものです。
        当時としては、その計画の豪胆さ、卓抜さは現代人も驚嘆するほどであり、この大土木事業には、巨額の費用と多くの歳月が費やされました。
        今では、この隧道は埋没して用は足さないが、唐桶の溜には自然に水は溜まり大きな役目を果たしています。
        ※1 宝永年間とは1704年~1710年までの期間を指す。
        ※2 トンネルのこと
        出展:芳賀町

        その他