TOP > 関東 > 箱根地区国道1号施設群 (旭橋、千歳橋、函嶺洞門)

箱根地区国道1号施設群 (旭橋、千歳橋、函嶺洞門)

はこねちくこくどう1ごうしせつぐん(あさひばし、ちとせばし、かんれいどうもん)

基本情報

箱根駅伝コースの土木遺産

拡大写真
  • 箱根地区国道1号施設群 (旭橋、千歳橋、函嶺洞門)
  • 箱根地区国道1号施設群 (旭橋、千歳橋、函嶺洞門)
  • 箱根地区国道1号施設群 (旭橋、千歳橋、函嶺洞門)
  • 箱根地区国道1号施設群 (旭橋、千歳橋、函嶺洞門)

クリックして
画像を拡大

施設データ

分類:道路・橋梁
建設年:函嶺洞門1931年(昭和6年)千歳橋 1933年(昭和8年) 旭橋 1933年(昭和8年)
建設の背景(由来・ストーリー):国道1号を構築するときに景観および落石対策構造を考慮して 王宮をイメージして設置されました。
施設の役割:国道1号
関連する土木技術者:土木遺産

箱根地区国道1号施設群 (旭橋、千歳橋、函嶺洞門) 5/5 (100%) 1 vote

2005年(平成17年)土木学会推奨土木遺産に登録。国道1号として供用されており 箱根伝の走路となっている。函嶺洞門は、国道1号の落石覆いとして作られたもので、中国の王宮をイメージしたデザインである。竣工は1931(昭和6年)、洞門の長さは、100.9mです。

 

施設の状態:供用中
所在地:神奈川県箱根町塔ノ沢
アクセス:箱根登山鉄道 箱根湯本駅 塔ノ沢
見学方法(開館時間、入館料等):無料

周辺情報

周辺の歴史スポット

    周辺の観光スポット

      周辺の宿泊・温泉

        口コミ・写真

        箱根地区国道1号施設群 (旭橋、千歳橋、函嶺洞門)の平均評価
        箱根地区国道1号施設群 (旭橋、千歳橋、函嶺洞門) 5/5 (100%) 1 vote

        レビューを投稿する

         

        Optionally add an image (JPEG only)

        社会科見学

        プロのみどころポイント

        技術的特徴

        橋がRC下路式タイドアーチ、洞門は中国の王宮をイメージしたデザインのRC6連など観光地箱根に相応しいデザインとなっています。

        その他