TOP > 関東 > 巴波川(うずまがわ)

巴波川(うずまがわ)

うずまがわ

基本情報

北関東の商都と呼ばれた栃木市を支えた川

拡大写真
  • 巴波川(うずまがわ)
  • 巴波川(うずまがわ)
  • 巴波川(うずまがわ)
  • 巴波川(うずまがわ)

クリックして
画像を拡大

施設データ

分類:河川
建設年:1914年(大正3年)~
建設の背景(由来・ストーリー):栃木市街地を流れる巴波川沿川には多くの蔵が並び、江戸時代から始まった舟運のなごりが残っており巴波川景観の重要な構成要素で、栃木市観光の目玉となっています。
これらの町並みを育んだ巴波川の舟運は、1617年(元和3年)徳川家康の霊柩を日光に移した際に御用の荷物を栃木河岸で陸揚げしてからといわれています。
巴波川の舟運(しゅううん)は明治40年代頃まで続いたそうで、それ以降は鉄道及び自動車に変わり、舟運は衰退したといわれています。
出展:巴波川圏域河川整備計画icon
施設の役割:巴波川の治水事業は、1914年(大正3年)から1917年(大正6年)にかけて旧川を現在の川に付け替えたのが始まりで、その後、1947年(昭和22年)のカスリーン台風を契機に1948年(昭和23年)から直轄事業により渡良瀬遊水地からのバック堤、上流部の赤津川を永野川へ分流する分水路が完成しました。
県事業は、1984年(昭和59年)より永野合流点から上流へ改修が進められており、永野川合流点からJR両毛線鉄道までの区間が既成し、十分な流下能力を有しています。
出展:巴波川圏域河川整備計画icon
関連する土木技術者:

Rate this post

巴波川は、江戸と栃木を結ぶ舟運のルートとして栃木の街と共に生きてきた川であり、この街になじんだ巴波川の流れは栃木の人々の安らぎの場となってました。
巴波川の名前の由来は、川の西方が「うづら丘」と呼ばれ、うづらがたくさん生息したいたことにより「鶉妻川」と呼ばれていたものが転訛(てんか)したものとも、また、流水が湧水により渦を巻きながら流れていたことによりこの名が付いたともいわれています。
出展:巴波川圏域河川整備計画icon

 

施設の状態:供用中
所在地:<蔵の街遊覧船待合処> 巴波川幸来橋付近 栃木県栃木市湊町10-12 <塚田歴史伝説館> 栃木県栃木市倭町2-16
アクセス:<蔵の街遊覧船待合処>
JR両毛線・東武日光線:栃木駅より徒歩10分
車:東北道栃木ICから3km(8分)
<塚田歴史伝説館>
JR両毛線・東武日光線:栃木駅より徒歩10分
車:東北道栃木ICから3km(8分)
見学方法(開館時間、入館料等):<蔵の街遊覧船待合処>
【運行時間】
3月~11月;10:00~16:00
12月~2月;11:00~15:00
【料金】
大人500円,小人300円
<塚田歴史伝説館>
【開館時間】
9:30~16:30
【料金】
大人700円,小人350円

周辺情報

周辺の歴史スポット

    周辺の観光スポット

      周辺の宿泊・温泉

        口コミ・写真

        巴波川(うずまがわ)の平均評価
        Rate this post

        レビューを投稿する

         

        Optionally add an image (JPEG only)

        社会科見学

        プロのみどころポイント

        技術的特徴

        巴波川は、思川小倉堰の分水を始端として水田からの排水及び原野の湧水等を併せて南流し、途中栃木市街地を貫流した後、永野川を併せて藤岡町で渡良瀬川に合流する流路延長20km、流域面積約217.6km2、9支川を持つ一級河川です。
        出展:巴波川圏域河川整備計画

        その他

        出展:巴波川圏域河川整備計画