TOP > 関東 > 放射第23号線

放射第23号線

ほうしゃだい23ごうせん

基本情報

自然も都市景観も楽しめる井ノ頭通り

拡大写真
  • 放射第23号線
  • 放射第23号線
  • 放射第23号線
  • 放射第23号線

クリックして
画像を拡大

施設データ

分類:道路・橋梁
建設年:1961~1964年(昭和36~39年)
建設の背景(由来・ストーリー):放射第23号線は、1964年(昭和39年)のオリンピック東京大会の関連街路として整備されました。当時の東京の道路事情は、道路網の未整備による交通混乱が予想されていました。そこで、この大会を絶好の契機として、放射第23号線などのオリンピック関連街路を整備し、いきづまった東京の狭くて通行の困難な道を打開して、秩序と調和のある近代都市として再建するよう東京の「よみがえり」を計画しました。

出典:国土交通省HP
         観光社会資本の事例集についてicon

1970年(昭和45年)頃、新宿などで始まった歩行者天国が代々木公園の真ん中を通る道路(放射23号線)ではじまったのは1980年(昭和55年)のことです。「原宿ホコ天」の名前で若者文化の強力な情報発信基地となりました。
一世を風靡した竹の子族もロックンローラー族、ホコ天バンドと時代と共にスタイルが変わりましたが、代々木公園と歩行者天国の空間は巨大な野外劇場空間といった雰囲気でした。

出典:公園へ行こう!東京都公園協会
         東京の森林公園 代々木公園icon
施設の役割:本路線は、都市の骨格となる重要な幹線道路であり、本区間の整備により、交通渋滞の緩和、災害時の避難道路や延焼遮断帯としての地域の防災性向上、生活道路からの通過交通の排除などの整備効果があります。

出典:東京都建設局HPicon

また、観光のための道路としても需要があります。例えば、表参道は、日本の中でも有名な美しいケヤキ並木の街路樹が続いており、都会の中の豊かな緑を堪能しながらショッピングを楽しむことができます。吉祥寺は、井の頭公園をはじめとして緑が多く、またカフェや雑貨屋が多いため、散歩道として人気となっています。

出典:国土交通省HP
         観光社会資本の事例集についてicon
関連する土木技術者:事業主体:東京都

Rate this post

放射第23号線(東京東京都道413号赤坂杉並線の一区間)は、港区北青山三丁目を起点とし、杉並区松庵一丁目に至る通称井ノ頭通りといわれる路線で、延長12キロメートル、道路幅25~36メートルの道路です。

出典:東京都第二建設事務所HP
道路の整備icon

出典:ウィキペディア
東京都道413号赤坂杉並線icon

 

施設の状態:供用中
所在地:東京都港区北青山三丁目~杉並区松庵一丁目
アクセス:【起点】
東京メトロ千代田線
 表参道駅
【終点】
JR中央線 
 吉祥寺駅

見学方法(開館時間、入館料等):無料

周辺情報

周辺の歴史スポット

    周辺の観光スポット

      周辺の宿泊・温泉

        口コミ・写真

        放射第23号線の平均評価
        Rate this post

        レビューを投稿する

         

        Optionally add an image (JPEG only)

        社会科見学

        プロのみどころポイント

        技術的特徴

        その他