TOP > 関東 > 国道140号 秩父往還道

国道140号 秩父往還道

こくどう140ごう ちちぶおうかんどう

基本情報

甲斐国、武蔵国両国間の往来に利用された秩父往還道

拡大写真
  • 国道140号 秩父往還道
  • 国道140号 秩父往還道
  • 国道140号 秩父往還道
  • 国道140号 秩父往還道

クリックして
画像を拡大

施設データ

分類:道路・橋梁
建設年:-
建設の背景(由来・ストーリー):
施設の役割:秩父往還道本道は、秩父大宮郷から黒谷・皆野を経て釜伏峠へと向かいます。中世の時代、中山道・鎌倉街道上道・鎌倉街道山ノ道と結び更に甲州へと通じる軍用道路として使用されました。
江戸期に入り秩父地方では、それまで家業として行われていた養蚕業が江戸という巨大市場の誕生により品質の向上と量産化を図り、生糸の一大産地となりました。これにより秩父往還道は、秩父地方の生糸を江戸まで運搬する為の交易道、絹の道として利用されていました。
出典:武州の城icon
関連する土木技術者:-

Rate this post

武蔵の国と甲斐の国を結ぶ「秩父往還」は山梨の古道・甲斐九筋の一つで、日本三大峠の一つにあげられる難所「雁坂峠」を越えるこの道は、緑深い美しい道です。
秩父往還の起点は二説ありますが、一般には小原西(山梨市)から笛吹川左岸を北上し、甲州市塩山橋立の放光寺前から東へ向かい三富(山梨市)へ入ります。一の橋を渡り笛吹川右岸へ出てこの上流が三富川浦(山梨市)となり雁坂峠へと続きます。峠を下ったところに大滝村(埼玉県秩父市)があり、そこから荒川の峡谷に沿って下り大宮(埼玉県さいたま市)まで達する道筋となっています。
秩父道、雁坂路、甲州裏街道とも呼ばれ古代から甲斐と秩父を結ぶ第一の道でした。
古くは日本武尊説話が残る場所があり、大和朝廷の軍事的勢力征服の進路を示しています。
また、武田信玄もこの雁坂口を重要拠点とし、山梨県側に川浦・栃本(埼玉県)に口留番所を設けました。
いつの時代にも秩父山地連峰の標高2082mの雁坂峠越えには苦労があり、荒れ果てた峠道となっていました。この道は現在の国道140号とほぼ一致しており、1998年(平成10年)4月23日雁坂トンネルの開通により現在では首都圏とを結ぶ動脈となっています。
出典:山梨市役所 観光課 観光企画担当icon

 

施設の状態:供用中
所在地:
アクセス:国道140号
見学方法(開館時間、入館料等):無料

周辺情報

周辺の歴史スポット

    周辺の観光スポット

      周辺の宿泊・温泉

        口コミ・写真

        国道140号 秩父往還道の平均評価
        Rate this post

        レビューを投稿する

         

        Optionally add an image (JPEG only)

        社会科見学

        プロのみどころポイント

        技術的特徴

        その他

        山梨市役所 観光課 観光企画担当icon