TOP > 関東 > 渡良瀬遊水地

渡良瀬遊水地

わたらせゆうすいち

基本情報

2012年(平成24年)にラムサール条約に登録されました。

拡大写真
  • 渡良瀬遊水地
  • 渡良瀬遊水地
  • 渡良瀬遊水地
  • 渡良瀬遊水地

クリックして
画像を拡大

施設データ

分類:河川
建設年:1909年(明治42年)~
建設の背景(由来・ストーリー):1885年(明治18年)・1890年(明治23年)・1896年(明治29年)の洪水で、渡良瀬川下流部 には、足尾銅毒が洪水とともに流出氾濫し、被害を生じました。これに対処するため、谷中村を廃村して遊水地化するという、明治改修計画に基づく買収計画構想が具体化してきました。
当時の渡良瀬川は、栃木県が管理する河川であったため、遊水地の買収は栃木県によって進められ、1904年(明治37年)の県議会可決後、1905年(明治38年)から1907年(明治40年)までの間に936町歩余りが買収され、380戸の移転が図られました。
その後、1909年(明治42年)には帝国議会の承認に基づき、内務省により、渡良瀬川改修とともに遊水地が整備されました。
1935年(昭和10年)・1938年(昭和13年)・1947年(昭和22年)と相次いだ大洪水を契機に、遊水地をより効果的に活用するために渡良瀬川、思川、巴波川(うずまがわ)に沿って新しく囲繞堤(いじょうてい)※1や越流堤※2を設け、調節池化を図り、大きな洪水の時だけ調節池の中に川の水が入るようにし、従来より洪水調節機能を増大させる事業(調節池化事業)を実施することとなりました。
この事業は、1963年(昭和38年)に着工され、1970年(昭和45年)に第1調節池、1972年(昭和47年)に第2調節池が概成し、1997年度(平成9年度)には第3調節池の工事も概成しました。さらに、既に完成していた第1調節池内を掘削し貯水池を設けることによって、洪水調節の容量の増大、新規都市用水のための容量の確保等を目的とした事業(貯水池化事業)にも1976年(昭和51年)に着工し、1990年(平成2年)に概成しました。
※1遊水地と河道を仕切るための堤防のこと。一方、遊水地と堤内地を仕切るための堤防は周囲堤という。
※2洪水調節のため,一定水位以上になると越流するように造られた堤防のこと。
出典:特例財団法人渡良瀬遊水地アクリメーション振興財団icon
施設の役割:渡良瀬遊水地は、利根川下流の菅生・稲戸井・田中の3調節池とあわせて、流域における洪水抑止機能を果たすとともに、東京大都市圏における生活用水や工業用水の供給といった公益的機能を有しているのですが、同時にその広大なオープンスペースは、住民のレクリエーション活動の場として利用されるほか、近隣地域の小学校における総合学習・環境教育の場としても重要な役割を担っています。
また、遊水地全体の約75%にあたる2,500haは植生が被覆し、ヨシ・オギ・スゲなどの群落が形成されています。わけても大きな面積を占めるヨシ原や湖沼などの水域には、貴重な動植物が生育しており、自然環境の保護という意味でも貴重な場所となっています。
さらに、周知のように、当該地域に遊水地が建設された経緯には足尾銅山の鉱毒事件があり、日本の近代史においても、その存在のもつ意味は大きなものとなっています。
出展:icon
関連する土木技術者:

渡良瀬遊水地 3.7/5 (73%) 6 votes

渡良瀬遊水地は、茨城県古河市の北西に位置し、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県の4県の県境にまたがる 面積33km2、治水容量17,180万㎥の遊水地で、効率的な洪水調節を行うための調節池工事が1962年度(昭和37年度)より開始され、現在は第1調節池、第2調節池、第3調節池の3つの調節池に分割されています。
谷中湖(やなかこ)は、洪水調節・水道用水の安定供給等を目的に第1調節池内に建設された貯水池の通称です。
その規模は、面積約4.5km2、総貯水容量2,640万㎥で、1990年度(平成2年度)よりダムとしての利用を開始しました。
また、周辺を含めた広大な空間は、スポーツやレクリエーションの場として親しまれており、現在までに約百万人の人々が訪れています。
出典:国土交通省利根川上流河川事務所icon

 

施設の状態:供用中
所在地:茨城県古河市、埼玉県加須市、群馬県板倉町、栃木県栃木市・小山市・野木市
アクセス:車:国道354号線の三国橋より北西へ約3km、東北自動車道の館林ICより東へ約20分 
東武日光線:新古河駅より徒歩約5分(0.2km)、柳生駅より徒歩約20分(1.3km)、板倉東洋大前駅より徒歩約20分(1.0km)、藤岡駅より徒歩約20分(1.2km)
JR東北本線:古河駅より徒歩約20分(1.5km) 、野木駅より桜堤まで約4.5km
出典:特例財団法人 渡良瀬遊水地アクリメーション振興財団icon
見学方法(開館時間、入館料等):谷中湖周辺利用案内
3月1日~10月31日の期間は、9時30分~17時まで
11月1日~11月30日の期間は、9時30分~16時30分まで
12月1日~2月末日の期間は、9時30分~16時まで
利用できない日
年末年始(12月29日~1月3日)及び毎週月曜日は利用できません。
月曜日が休日の場合は翌日。また、月・火曜日いずれも休日の場合は、その翌日が利用できません。
出典:国土交通省利根川上流河川事務所icon

渡良瀬遊水地湿地資料館
開館時間 9:00~17:00
休館日 月曜日(月曜が祝日の場合は火曜が休館日)、年末年始(12月29日~翌年1月3日)
入館料 無料
出典:特例財団法人 渡良瀬遊水地アクリメーション振興財団icon

周辺情報

周辺の歴史スポット

  1. 不動ヶ岡不動尊總願寺:関東三大不動の一つで、元和2年(1616年)に總願上人によって開基。火渡り式や鬼追い豆まき式など大変珍しい行事が行なわれ、古くから関東一円での信仰を集めてきました。関東三十六不動尊霊場の三十番に数えられています。
  2. 騎西城:かつてこの地にあった城。騎西城の名が初めて歴史に登場するのは、康正元年(1455年)足利成氏騎西城を攻略したという記録。永禄6年(1563年)には上杉謙信に攻め落とされました。江戸時代には松平氏らが城主になったが、のちに廃城。
  3. 龍蔵寺:江戸時代に幕府から寺領22石が与えられていました。境内のイチョウは、樹齢約670年ともいわれ、幹回り4.3メートル、高さ約20メートルの雌木。縁起によると寺に大きな蛇が棲んでおり、その頭のところに植えたという伝説があります。

周辺の観光スポット

  1. むさしの村:緑の中のファミリーランド 。子供から大人まで、家族で楽しめる遊園地です。バラエティ豊かな遊具やアトラクションが好評を得ています。農業体験わくわくファームでは、春夏秋冬それぞれのシーズンイベントも盛りだくさんです。
  2. 道の駅 きたかわべ:渡良瀬遊水地に面したスーパー堤防上に あるスポット。渡良瀬遊水地の雄大な景色がが一望できます。駅内では、利根川と渡良瀬川に挟まれた輪中の地・北川辺の肥沃な大地に育まれた新鮮な地元農産物が販売されています。
  3. 志多見砂丘:河畔砂丘といい、日本では木曽川、最上川、利根川の流域周辺にのみ存在する珍しい地形。志多見砂丘は、日本に残る河畔砂丘の中で最大級のものです。赤城おろしにより運ばれてきた砂が堆積して発達したと考えられています。

周辺の宿泊・温泉

  1. 百観音温泉:久喜市にある自噴温度57度の天然温泉。豊富な湯量と優れた泉質を誇り、すべての浴槽は源泉掛け流し。日本天然温泉審査機構より審査対象6項目すべてで五つ星を認定されています。日帰りの名湯として周辺の人々にも親しまれています。

口コミ・写真

渡良瀬遊水地の平均評価
渡良瀬遊水地 3.7/5 (73%) 6 votes

レビューを投稿する

 

Optionally add an image (JPEG only)

社会科見学

プロのみどころポイント

技術的特徴

その他