TOP > 関東 > 鹿島港北防波堤

鹿島港北防波堤

かしまこうほくぼうはてい

基本情報

太平洋に面した鹿島灘を掘り込んで造られた掘り込み式港湾

拡大写真
  • 鹿島港北防波堤
  • 鹿島港北防波堤
  • 鹿島港北防波堤
  • 鹿島港北防波堤

クリックして
画像を拡大

施設データ

分類:その他
建設年:1963年(昭和38年)~1969年(昭和44年)、1972年(昭和47年)
建設の背景(由来・ストーリー):鹿島港は、東京80㎞圏内に位置する鹿島灘海岸南部に掘込式港湾を中心とした一大臨海工業地帯を造成する計画が策定され、1963年(昭和38年)に重要港湾に指定されました。その後、港湾施設の整備が重点的に進められ、これに伴い鉄鋼や石油化学関連の取扱いが始まり、着実に発展してきています。近年、東関東自動車道の開通などにより鹿島港の利便性がより向上したこともあって、現在は鹿島港を中心に鉄鋼、石油化学、飼料のコンビナート群が形成されており、東日本有数の産業拠点港湾として、地域の経済、産業に大きな役割を果たしています。

旧運輸省によって建設された鹿島港は砂浜海岸に大型港湾を建設した画期的なプロジェクトで、砂浜海岸にY字型に世界有数の掘込港を建設し、その際の砂の一部は海岸線の埋立に使われました。
北防波堤:900m

出典:魚遊ぼ!海釣り道場icon
出典:国土交通省icon
施設の役割:鹿島港は、太平洋に面した鹿島灘を掘り込んで造られた掘込式港湾です。
北防波堤は、この外洋に面した港を静穏に保ち、港内の船舶が安全に航行・停泊・荷役作業を行うために整備された施設です。

出典:鹿島港魚釣園 国土交通省icon
関連する土木技術者:

Rate this post

鹿島港は、太平洋に面した鹿島灘を掘り込んで造られた掘込式港湾です。
鹿島港北防波堤は、港内を静穏に保つため、1963年(昭和38年)~1969年(昭和44年)度に造られました。
魚釣園としての利用は当初から計画されたのではありませんが、南防波堤ができた事により北防波堤周辺にも静穏な海域が確保されたため、安全柵や梯子等の安全施設を整備することで、1994年(平成6年2月)から魚釣園として利用されています。

出典:鹿島港魚釣園 国土交通省icon

 

施設の状態:供用中
所在地:茨城県鹿島港港内
アクセス:J R鹿島線・鹿島神宮駅下車、車で15分
東関東自動車道・潮来IC下車。銚子方面の出口より、水郷有料道路を経由して住友金属方面へ。鹿島アントラーズ・クラブハウス先の北堤防へ。 
見学方法(開館時間、入館料等):○鹿島港魚釣園
大人200円 
小中学生100円
【開園時間】
5~10月は7~19時。11月~4月は8~17時。毎週火曜日休園、祝日のときは翌日

無料駐車場有

周辺情報

周辺の歴史スポット

    周辺の観光スポット

      周辺の宿泊・温泉

        口コミ・写真

        鹿島港北防波堤の平均評価
        Rate this post

        レビューを投稿する

         

        Optionally add an image (JPEG only)

        社会科見学

        プロのみどころポイント

        技術的特徴

        その他