TOP > 関東 > 多摩湖(村山ダム)

多摩湖(村山ダム)

たまこ(むらやまだむ)

基本情報

都民の憩いの場所となった、歴史溢れるダム

拡大写真
  • 多摩湖(村山ダム)
  • 多摩湖(村山ダム)
  • 多摩湖(村山ダム)
  • 多摩湖(村山ダム)

クリックして
画像を拡大

施設データ

分類:河川
建設年:1916~1927年  (大正3年~昭和2年)
建設の背景(由来・ストーリー):1910年頃(明治末期)、東京市の急速な発展に伴い水道需要も増大しました。しかしながら、このテンポに水道拡張が追いつけず、給水区域の末端では、朝夕断水するところが発生しました。
東京市は、この事態を打開するために、中島鋭治工学博士に委託し、新時代にふさわしい上水道の改良計画を策定しました。この計画の根本は、多摩川の水を大きな貯水池(ダム)に一旦貯え、浄水場に常に定量の水を送り、安定して市民に給水する、というものでした。
工事は、大正5年5月に起工、昭和2年3月に完成、全体の約半分の高さまで盛立てた時に、関東大震災が発生したが被害はわずかなものでした。その後、第2次世界大戦を経験するとともに、第2取水塔の築造等を経て今日に至っています。
多摩湖(村山ダム)は東京都水道局の水源のひとつ。西の村山上貯水池と東の村山下貯水池に分かれています。また、東京都内の他県にまたがらない湖の中では最大です。
村山貯水池というものの、現在の武蔵村山市からも東村山市からも外れており現在は東大和市にあるが、これは付近の旧地名である「村山郷」から来ているためです。
貯水池の堤体(堤防)は、太平洋戦争中に爆撃対策としてコンクリートで強化されました。2003年(平成15年)からは堤体の耐震補強工事が実施され2009年(平成21年)3月に完成しました。

出典:月刊ダム日本No.730より引用したものです。
施設の役割:現在、多摩湖(村山ダム)の原水は、多摩川の羽村取水堰、小作取水堰から取水し、山口貯水池と一体として運用しています。両貯水池は、東村山浄水場、境浄水場へ原水を供給するための貯水池として建設された施設であるが、その後建設された、利根川水系の朝霞浄水場と多摩川水系の東村山浄水場を結ぶ原水連絡管の活用とあわせ、平常時には水量の豊富な利根川水系の原水を極力利用して給水を維持し、その間、多摩川水系の貯水池はできるだけ貯水に努め、この水を、原水連絡管を利用して、夏期の水需要期や利根川水系の事故時および渇水時に使用するなど、利根川水系と多摩川水系の原水の有効活用を図る水運用を行っています。
これらの役割に加え、両貯水池から東村山浄水場、境浄水場および朝霞浄水場へは、自然流下で原水の供給を行うことができます。また、東村山浄水場と境浄水場から都心への水道水の送水も自然流下で行うことが可能であるため、震災時など電力の供給が断たれた場合でも都心部へ飲料水を供給することができる、非常に重要な役割を担っている施設です。
また、貯水池の流域のうち4.72km2は、東京都水道局で貯水池の水源涵養林として管理しています。このため、村山貯水池周辺は都心部に程近いにもかかわらず、豊かな自然が残され人々の憩いの場ともなっています。

出典:月刊ダム日本No.730より引用したものです。
関連する土木技術者:・東京都直営での施工
・計画は中島鋭治博士

多摩湖(村山ダム) 4/5 (80%) 1 vote

 大正初頭において東京の人口増加に対応した水源確保のため、多摩川の水を取水し導水管にて、村山上・下貯水池、山口貯水池に導く計画がなされました。大正13(1924)年に村山上貯水池、昭和2年に村山下貯水池、昭和9年に山口貯水池が竣工しました。
 そんな中で多摩湖(村山ダム)は、東京都北多摩郡大和村(現:東大和市)に1916年から1927年まで10年の歳月をかけ建設されました。
 諸元は下表の通りです。

出典:ウィキペディアHP icon
出典(諸元表):ダム便覧HPicon

 

施設の状態:供用中
所在地:東京都東大和市多摩湖6丁目2226番地
アクセス:西武多摩湖線武蔵大和駅下車徒歩10分             西武多摩湖線・西武山口線西武遊園地駅下車徒歩3分  西武山口線遊園地西駅下車徒歩1分     
見学方法(開館時間、入館料等):村山上貯水池の堤体は県道・都道・歩道が整備され、また周辺は自然公園等にもなっており、自由に立ち入りが可能であり、入園料等は必要なし。

周辺情報

周辺の歴史スポット

    周辺の観光スポット

      周辺の宿泊・温泉

        口コミ・写真

        多摩湖(村山ダム)の平均評価
        多摩湖(村山ダム) 4/5 (80%) 1 vote

        レビューを投稿する

         

        Optionally add an image (JPEG only)

        社会科見学

        プロのみどころポイント

        技術的特徴

         村山上・下貯水池の二つの堰堤工事は、同じ工法で築造されました。昔から各地で行われてきた工法であって、近くの丘や高台を切り崩し、その土をつき固めて積み上げて堰を造るやり方です。古来からの工法に加え、粘土に砂利を混ぜて、しかっりとつき固め、要所にコンクリートを使うという、近代的な技術を駆使して築かれました。工事の順序は次のように施工され、外面には張芝をすべて行いました。
        ①敷鋤取(しきすきとり)
        堰堤を築く場所全体の表土を除く工事です。
        ②堤心掘削
        村山貯水池の底部は、天与の良好な基礎岩盤が形成されていることがわかっていました(粘土岩盤)。したがって、堤心掘削はその粘土岩盤まで掘削されたました。
        ③盛土工事
        盛土工事は、堤心掘鑿によって出る多量の土の中から盛土に適したものはそれを使い大部分は堰堤附近の土取場から、良質の土を運搬してきて、厚さ五寸に敷きならし、さらにこれを厚さ三寸まで、六トンや十トン蒸気輾圧機(ローラー)で押し固めました。ローラーが使えないような場所は、重さ九貫匁ほどの石蛸や木蛸で人力によって締め固めました。工事としては、この粘土を採取し運んできて練台の上でほぼ同僚の砂利と混ぜ土運搬車(トロッコ、馬ドロなど)施工場所まで運び、厚さ三寸に敷きならし、これを半分の厚さの一寸五分になるまで八貫や二十貫匁目の石蛸で何度となく繰返して固めました。この粘土壁は堰堤の最も重要な部分なので、特に念入りに行われました。
        ④堤心混凝土壁工事
        混凝土とはコンクリートのことで、粘土で固めただけでは具合が悪く、主要部分にコンクリート工事が行われました。村山下貯水池堰では、その量は盛土1万2千2百坪(約73329m3)、堤心粘土壁用粘土2千坪(約12022m3)、コンクリート2553坪が使用されました(坪=六尺立方)。
        出典:月刊ダム日本No.796より引用したものです。

        その他

        (出典:「村山上貯水池・村山下貯水池及び山口貯水池概要パンフレット」より)