TOP > 関東 > 小河内ダム、奥多摩湖

小河内ダム、奥多摩湖

こうちだむ、おくたまこ

基本情報

東京都の巨大な水ガメ出典:ダムマニアHP(http://dammania.net/?http://dammania.net/tokyo/ogouti.html)

拡大写真
  • 小河内ダム、奥多摩湖
  • 小河内ダム、奥多摩湖
  • 小河内ダム、奥多摩湖
  • 小河内ダム、奥多摩湖

クリックして
画像を拡大

施設データ

分類:河川
建設年:1938年(昭和13年)~1957年(昭和32年)1943(昭和18年)~1948年(昭和23年)まで戦争のため工事中止
建設の背景(由来・ストーリー):明治維新以降の東京は、人口の急激な増大で水不足が深刻な問題になっていました。そのため、1893(明治二十六)年には、それまで神奈川県だった現在の多摩地域を東京府(当時)に移管し、玉川上水と奥多摩地域の水資源確保を行いました。
東京市(当時)は1913(大正二)年第一次水道拡張事業を開始し、1927(昭和二)年に村山貯水池(多摩湖)を完成させました。しかし、この拡張事業中にも関東大震災で淀橋浄水場が被害を受けたり、第一次世界大戦の影響で工事が遅れるなど、安定供給が実現できませんでした。この工事中の1924~1925(大正十三~大正十四)年には都内で渇水が起こり、村山貯水池だけでは足りないと判断されました。さらなる水源確保のために、1934(昭和九)年に山口貯水池(狭山湖)を追加施行することを決定しました。1937(昭和十二)年に全ての工事が終わり、第一次水道拡張事業を完了しました。
しかし、東京の人口増加はそのまま続き、深刻な水不足が起こるとの懸念から1938(昭和十三)年に第二次水道拡張事業をスタートさせることで増加する人口に対して水の安定供給を計ることになりました。その対策として多摩川上流にダムを建設し、新設される東村山浄水場へ送水することが決定され、好条件の揃った東京府(当時)西多摩郡小河内村が建設地に選ばれ、1938(昭和13)年に起工式が行われ建設が開始されました。icon
施設の役割:現在は都の水源の約20%を占めています。
また、小河内ダムは東京都の独自水源として、利根川水系の渇水時や事故時には放流量を増やすなど、住民の安定給水の確保に重要な役割を果たしています。

出典:東京都水道局HP icon
関連する土木技術者:アメリカ・ワシントン大学地質学教授クームス博士(Howard A.Coombs)一行の調査団

出典:多摩川誌HP

Rate this post

東京都奥多摩町(都心から約65km)にあって、標高530mに位置します。多摩川上流域を水源とする集水域は、東京都奥多摩町、山梨県丹波山村、小菅村及び甲州市の4市町村にまたがり、面積は約263km2(羽村堰上流流域面積の54%)です。
貯えられた水は、ダム直下の多摩川第1発電所で発電に使用後、多摩川に放流され、小作取水堰、(下流約34km)と羽村取水堰(下流約36km)で水道原水として取水されます。原水は、自然流下により村山・山口貯水池、玉川上水路などを経て、東村山・境の各浄水場へ、導水ポンプにより小作浄水場へ送られます。また、東村山浄水場から原水連絡管により朝霞・三園の各浄水場へも送ることができます。
出典:東京都水道局HPicon

 

施設の状態:供用中
所在地:東京都西多摩郡奥多摩町原5番地
アクセス:JR青梅線「奥多摩」駅前から「奥多摩湖」「鴨沢西」「丹波」「小菅」「峰谷」「留浦」行のいずれかのバス(20分)、「奥多摩湖」バス停下車
見学方法(開館時間、入館料等):開館時間:
午前10時から午後4時まで (ただし、7月20日から8月31日は午後5時まで)
休館日:
年末年始(12月28日から1月4日)
入館料:
無料

周辺情報

周辺の歴史スポット

    周辺の観光スポット

      周辺の宿泊・温泉

        口コミ・写真

        小河内ダム、奥多摩湖の平均評価
        Rate this post

        レビューを投稿する

         

        Optionally add an image (JPEG only)

        社会科見学

        プロのみどころポイント

        技術的特徴

        重力式コンクリート

        その他