TOP > 関東 > 東京都庁舎

東京都庁舎

とうきょうとちょうしゃ

基本情報

ひときわ異彩を放つ東京都政の中枢機関

拡大写真
  • 東京都庁舎
  • 東京都庁舎
  • 東京都庁舎
  • 東京都庁舎

クリックして
画像を拡大

施設データ

分類:その他
建設年:1991年(平成3)年3月
建設の背景(由来・ストーリー):1957年(昭和32年)に建てられた丸の内の都庁舎は、建物の老朽化や執務面積の狭さ、それに各部署が街中に分散していて、都の運営に支障をきたすほどでした。加えて高度経済成長とともに、都の人口バランスが都心より西のエリアに移りつつありました。そのため、人々が都庁に来庁するまでの時間を均等にするためにも、より西に位置する新宿への移転が望ましいと考えられました。

出典:BUILD UP!icon
施設の役割:高層ビルが林立する新宿副都心のなかでも、ひときわ異彩を放つ東京都庁第一本庁舎は、東京都政の中枢機関です。先代の丸の内庁舎から移転して1990年(平成2年)12月に完成しました。1943年(昭和18年)の東京都設置から数えて3代目となる都庁舎であり、高さ243.3メートルは、完成当時、池袋のサンシャイン60を抜いて日本一の高さを記録しています。しかし1993年(平成5年)に295.8メートルの横浜ランドマークタワーに抜かれ、現在では日本で6番目の高層ビルとなっています。

出典:BUILD UP!icon
関連する土木技術者:日本の建築家として最初に世界で認められ、戦後の復興とともに多くの国家プロジェクトを手がけてきた丹下健三は、05年に91歳で亡くなるまで第一線で活躍をつづけたまさに建築界の巨星です。その代表作は、広島平和記念資料館、香川県庁舎、代々木体育館と枚挙にいとまがありません。東京都庁舎は丹下健三が70代の後半に手がけた最後の大作といえます。先代の丸の内都庁舎も彼による設計で、同じ庁舎を二代にわたって手がけています。

出典:BUILD UP!

Rate this post

1991年(平成3年)4月1日に丸の内の旧庁舎から移転し、都庁としての業務をスタートしました。第一本庁舎、第二本庁舎、都議会議事堂の3棟からなっており、東京都の行政の中枢機能を担っています。この建物は丹下健三の後期の代表作のひとつで、一般にデザインとしてはポストモダンに属するとも、第一本庁舎は、一般にパリのノートルダム大聖堂の形態を引用しているともいわれています。平面形は正八角形をモチーフとしています。建物ファザードのデザインについては当時のスタッフの一人堀越英嗣がノーマン・カーヴァーの著『日本建築の形と空間』に掲載されていた大阪に残る豪農・吉村邸の天井見上図にある細長い格子状パターンを見つけて採用したものですが、外向きの答えとして丹下は、コンピューターチップをイメージしたとなどと述べています。 デザインについては批判もありますが、特徴のある形態のため、ランドマークとしての機能を果たしています。
・面積  敷地:約42,940平方メートル
延床:約381,000平方メートル
出典:WIKIPEDIAicon

 

施設の状態:保存・展示
所在地:東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
アクセス:・「JR新宿駅」(西口から徒歩約10分)
・都営地下鉄大江戸線「都庁前駅」
・新宿駅西口(地下バスのりば)から都営バス又は京王バス(都庁循環)
・「都庁第一本庁舎」、「都庁第二本庁舎」、「都議会議事堂」下車
・JR新宿駅西口『新宿駅西口』バス停から『西新宿・都庁本庁舎方面』行きの新宿WEバス乗車、『都庁本庁舎』下車

見学方法(開館時間、入館料等):■展望室
地上202mの高さから東京のまちを一望できます。
場所:第一本庁舎45階(1階から展望室専用エレベータ)
見学時間:9時30分~23時(入室締切22時30分)
年末年始(12月29日~31日、1月2日及び3日)及び都庁舎の点検日(平成24年10月20日(土)を予定)は休室

周辺情報

周辺の歴史スポット

    周辺の観光スポット

      周辺の宿泊・温泉

        口コミ・写真

        東京都庁舎の平均評価
        Rate this post

        レビューを投稿する

         

        Optionally add an image (JPEG only)

        社会科見学

        プロのみどころポイント

        技術的特徴

        東京都庁舎の構造を支えているのは、「スーパーストラクチャー方式」といわれている方式です。これは、高強度の鉄柱を何本も束ねた「スーパー柱」または「スーパー梁」を使い、その骨組みだけで建物全体を支える方式です。この方式は構造的な堅牢さや防災上の安全を得られるだけでなく、余計な柱や壁を省くことができることから、建物の内部に広大なスペースを生み出すことができます。東京都庁舎の場合、情報化社会の進化に対応できるよう、自由にレイアウトできるオフィス空間が求められました。そのため1棟につき8本の スーパー柱を配し、10階ごとにスーパー梁を渡すことで、建物内部の広大なスペースを確保しています。

        出典:BUILD UP!

        その他

        出典:都庁HP