TOP > 関東 > 国立国会図書館国際子ども図書館

国立国会図書館国際子ども図書館

こくりつこっかいとしょかんこくさいこどもとしょかん

基本情報

明治、昭和、平成の建築技術の連繋による建築遺産

拡大写真
  • 国立国会図書館国際子ども図書館
  • 国立国会図書館国際子ども図書館
  • 国立国会図書館国際子ども図書館
  • 国立国会図書館国際子ども図書館

クリックして
画像を拡大

施設データ

分類:その他
建設年:明治39年建設 昭和4年増築 平成14年改修
建設の背景(由来・ストーリー):国立国会図書館支部上野図書館の建物を再生・利用したものです。
この建物は、明治39年に帝国図書館として建てられ、昭和4年に増築され、東京都の「歴史的建造物」にも指定されています。
現在の建物は、貴重な建築遺産の内外装の意匠・構造を保存し、大規模地震に備えて免震工法を採用して改修を行いました。この改修には、建築家・安藤忠雄氏の参画を得て、2つのガラスボックスが既存の建物を貫くイメージで増築を行い、平成14年5月に完成しました。

出典:国立国会図書館国際子ども図書館HPicon
施設の役割:国立国会図書館法に基づく、わが国唯一の国立の児童書専門図書館として、国内外の豊富な資料と情報資源を活用し、子供の本に係る活動や調査研究を支援しています。
以下の3つの基本的な役割を果たしています。
①児童書専門図書館としての役割
②子供と本のふれあいの場としての役割
③子供の本のミュージアムとしての役割

出典:国立国会図書館国際子ども図書館HPicon
関連する土木技術者:建設当初;不明
平成の改築;建築家・安藤忠雄氏

Rate this post

明治39年に帝国図書館として建てられ、昭和4年に増築された明治期ルネサンス様式の建物を再生・利用しています。
戦後、帝国図書館は国立図書館と名称が変わり、昭和23年に国立国会図書館が創立されて、その支部図書館となってからは、平成10年まで支部上野図書館の施設として利用されていました。
そして、平成14年5月に国立の児童書専門図書館として開館しました。

出典:国立国会図書館国際子ども図書館HPicon

 

施設の状態:保存・展示
所在地:〒110-0007 東京都台東区上野公園12-49
アクセス:JR上野駅公園口より徒歩10分
東京メトロ日比谷線、銀座線上野駅より徒歩15分
見学方法(開館時間、入館料等):休館日;月曜日、国民の祝日(5月5日は開館)第3水曜日、年末年始
開館時間;9:30-17:00
入館料;無料
見学ツアーあり;事前に、電話申込み(03-3827-2053(代表) 受付時間 9:30~17:00(休館日以外))

周辺情報

周辺の歴史スポット

    周辺の観光スポット

      周辺の宿泊・温泉

        口コミ・写真

        国立国会図書館国際子ども図書館の平均評価
        Rate this post

        レビューを投稿する

         

        Optionally add an image (JPEG only)

        社会科見学

        プロのみどころポイント

        技術的特徴

        明治期のルネサンス様式の建物

        その他