TOP > 関東 > 中央合同庁舎第6号館 赤レンガ棟

中央合同庁舎第6号館 赤レンガ棟

ちゅうおうごうどうちょうしゃだい6ごうかん あかれんがとう

基本情報

東京大空襲で消失した赤レンガ棟、本格的なドイツ・ネオバロック様式の外観が平成の改修で甦る

拡大写真
  • 中央合同庁舎第6号館 赤レンガ棟
  • 中央合同庁舎第6号館 赤レンガ棟
  • 中央合同庁舎第6号館 赤レンガ棟
  • 中央合同庁舎第6号館 赤レンガ棟

クリックして
画像を拡大

施設データ

分類:その他
建設年:1895年 (明治28年)
建設の背景(由来・ストーリー):明治政府は、諸外国との条約改正に先立ち、近代国家としての体制を整えるため、明治19年(1889年)に西洋式の建築による官庁集中計画に着手しました。そして、その計画案の策定のためにドイツの高名な建築家で、共同の建築事務所を開いていたエンデとベックマンを招へいしました。
まず、ベックマンが来日し、大規模な官庁集中計画案を作成しましたが、その帰国後、完成案を持ってエンデが来日しました。エンデは、当時の政治状況や反対者の意見を考慮して、ベックマン案を縮小し、日比谷に諸官庁を建てる案を作成しました。
実際に建てられたのは、司法省と大審院(後の最高裁判所)の建物でした。司法省の庁舎(赤れんが棟)は、明治21年に着工され、同28年に竣工しました。

出典:法務省HP「法務史料展示室・メッセージギャラリーへようこそ」icon
施設の役割:明治政府によって策定された官庁集中計画の一環として建てられた建物のうち、残存する唯一のものであり、我が国の建築の近代化を象徴する文化遺産となっています。

出典:法務省HP「法務史料展示室・メッセージギャラリーへようこそ」icon
関連する土木技術者:・建築時
基本設計:ヘルマン・エンデ、ヴィルヘルム・ベックマン
実施設計・工事監理:河合浩蔵

・改修時
設計・管理:建設省(現:国交省)大臣官房官庁営繕部
監修:村松貞次郎(東大名誉教授)、堀内正昭

出典:国土交通省HP「東京都市計画一団地(霞が関団地)の施設」

Rate this post

この建物は、明治政府が招へいしたドイツ人建築家ヘルマン・エンデとヴィルヘルム・ベックマンの基本設計をもとに河合浩蔵が実施設計・工事監理を担当して、1895年(明治28年)に旧司法省庁舎として完成しました。
その後、1923年(大正12年)の関東大震災では、れんが壁が鉄材で補強されていたため、ほとんど被害を受けませんでしたが、1945年(昭和20年)の東京大空襲により、れんが壁を残して焼失しました。そのため屋根を天然スレートから瓦にするなどの改修工事が行われ、外観を大きく変えながらも1950年(昭和25年)からは、法務省本館として利用されてきました。
中央合同庁舎第6号館A棟、B棟等の整備に伴い、村松貞次郎、堀内正昭両氏の監修のもと建設大臣官房官庁営繕部により、1994年(平成6年)に外観が創建時の姿に復原され、法務総合研究所及び法務図書館として生まれ変わりました。
本格的なドイツ・ネオバロック様式の外観に特徴があり、都市の景観上、貴重で歴史的価値が高いため、この建物の外壁は1994年(平成6年)12月27日に重要文化財の指定を受けました。

出典:国土交通省HP「東京都市計画一団地(霞が関団地)の施設」icon

 

施設の状態:保存・展示
所在地:東京都千代田区霞が関1-1-1 法務省赤れんが棟
アクセス:東京メトロ有楽町線
桜田門駅徒歩1分
JR山手線
有楽町駅徒歩10分
見学方法(開館時間、入館料等):開館時間
10:00~18:00(入室は17:30まで)
休館日
土日、祝祭日
入場無料

周辺情報

周辺の歴史スポット

    周辺の観光スポット

      周辺の宿泊・温泉

        口コミ・写真

        中央合同庁舎第6号館 赤レンガ棟の平均評価
        Rate this post

        レビューを投稿する

         

        Optionally add an image (JPEG only)

        社会科見学

        プロのみどころポイント

        技術的特徴

        赤れんが棟のれんが壁は、内部のれんがの構造を知っていただくため、 表面を仕上げないで、そのままにしています。壁には、配管の溝の跡、 仕上材の下地を取り付けるための木れんが、型枠調整用金物などがみられます。れんがは、ホフマン式輪焼窯で作られたもので、創建当時のままです。
        赤れんが棟は、碇聯鉄構法(各階の床下約10cmのれんが壁内に平鋼と丸鋼を埋め込む方法)による補強をはじめ、木梁や外壁飾り石をれんがと定着するための金具を使用することなどによって、関東大震災にも耐えることができました。
        赤れんが棟の屋根の四隅にある飾り金物(突針)は、復旧工事当初には意匠の資料がありませんでしたが、着工後に見つかった写真に基づいて意匠を決定したものです。

        出典:法務省HP「法務史料展示室・メッセージギャラリーへようこそ」

        その他

        出典:法務省HP「法務史料展示室・メッセージギャラリーへようこそ」