TOP > 関東 > 柳原水閘

柳原水閘

やなぎはらすいこう

基本情報

明治期に造られた樋門で、4連アーチの大規模な煉瓦造りは美しく、数少ない貴重な構造物

拡大写真
  • 柳原水閘
  • 柳原水閘
  • 柳原水閘
  • 柳原水閘

クリックして
画像を拡大

施設データ

分類:河川
建設年:1904年(明治37年)
建設の背景(由来・ストーリー):江戸川の支川である坂川は、大雨が降ると江戸川の水が逆流し、坂川流域の水田に大きな被害をもたらしました。この地域の水田は、「3年に一度収穫があればいい」といわれるほど、農民は毎年のように氾濫に泣かされていました。
このような状況のなか、四ケ町村(明村、馬橋村、小金村、流山村)による「坂川普通水利組合」が結成され、江戸川の水が増水して坂川に逆流するのを防ぐために明治37年(1904)に柳原水閘が建設されました。工期はわずか6ヶ月間、総工費は18,914余円でした。

出典:土木学会関東支部 悠悠・土木 - 土木遺産 - 柳原水閘icon
施設の役割:江戸川の水が増水して坂川に逆流するのを防ぐため

出典:土木学会関東支部 悠悠・土木 - 土木遺産 - 柳原水閘icon
関連する土木技術者:設計者:井上二郎(土木技師)

Rate this post

柳原水閘は次のような形状を示しています。煉瓦製4連の樋門を持ち、下流部にゲートが付いています。樋管の寸法は河川横断方向(上流側)に17.0m、縦断方向(最大)に13.0m、高さは5.0mで4.5mの翼壁を持っています。
 アーチの形状は欠円アーチで、幅員は2.15m、高さは3.01mとなっています。またアーチ部においては、煉瓦の野積みと、切り石積みを組み合わせて造られています。

出典:土木学会関東支部 悠悠・土木 – 土木遺産 – 柳原水閘icon

 

施設の状態:保存・展示
所在地:千葉県松戸市下矢切1397
アクセス:北総線 矢切駅 徒歩10分
見学方法(開館時間、入館料等):

周辺情報

周辺の歴史スポット

    周辺の観光スポット

      周辺の宿泊・温泉

        口コミ・写真

        柳原水閘の平均評価
        Rate this post

        レビューを投稿する

         

        Optionally add an image (JPEG only)

        社会科見学

        プロのみどころポイント

        技術的特徴

        このような煉瓦製の樋門は、築かれた時代が明治中期から大正後期までの20~30年間程度であることから、現存するものは少なく、柳原水閘ほどの大規模なものになると、非常に珍しい例になります。

        出典:土木学会関東支部 悠悠・土木 - 土木遺産 - 柳原水閘

        その他