TOP > 関東 > 御勅使川堰堤群 (源堰堤、藤尾堰堤、芦安堰堤)

御勅使川堰堤群 (源堰堤、藤尾堰堤、芦安堰堤)

みだいがわえんていぐん(みなもとえんてい、ふじおえんてい、あしやすえんてい)

基本情報

大正期の砂防堰堤で、当時最大級の高さ、大きさ、 及び美しさを持つ、最初期の練積堰堤群。

拡大写真
  • 御勅使川堰堤群 (源堰堤、藤尾堰堤、芦安堰堤)
  • 御勅使川堰堤群 (源堰堤、藤尾堰堤、芦安堰堤)
  • 御勅使川堰堤群 (源堰堤、藤尾堰堤、芦安堰堤)
  • 御勅使川堰堤群 (源堰堤、藤尾堰堤、芦安堰堤)

クリックして
画像を拡大

施設データ

分類:河川
建設年:大正 9年 (源堰堤) 大正11年 (藤尾堰堤) 大正 7年/同15年改修 (芦安堰堤)
建設の背景(由来・ストーリー):山梨県甲府盆地の西にあり、南アルプスの懐から富士川へ流れ下る御勅使(みだい)川に、大正時代に設けられた砂防堰堤(えんてい:ダム)群です。 御勅使川は上中流部の平均河床勾配が約1/10(10mの水平距離に対して1m下がる)とたいへんな急流河川で、 上流で発生した多量の土砂は、出水の度に下流に押し流され、沿岸に大きな被害をもたらしてきました。 とくに明治15年・29年・31年・40年・43年の水害は甚大で沿岸は荒廃しました。 この水害を契機として大正5年~11年にかけて芦安(あしやす)・源(みなもと)・藤尾(ふじお)の3つの堰堤群が設けられました。

出典:土木学会関東支部HPicon
施設の役割:砂防
関連する土木技術者:明治15年、内務省御雇工師ムルデル(オランダ河川技師):釜無川治水事業計画について視察し、あまりの荒廃状況に御勅使川等における砂防工事施工を政府に提言

Rate this post

・芦安堰堤:H=22.68m,L=66.60m大正7年竣工 (下段:重力式,上段:アーチ式)
・源堰堤 :H= 7.00m,L=109.1m大正9年竣工
・藤尾堰堤:H=13.00m,L=27.40m大正11年竣工
出典:山梨県HPicon

御勅使川は南アルプス連峰に連なる唐松峠に源を発し釜無川(富士川)に注ぐ一級河川です。御勅使川はかつて武田信玄が治水工事を行ったと伝えられています。明治16年から直轄砂防事業により堰堤と護岸が施工されましたが、すべて空石積であったため,現在は残っていません。その後,大正15年から約17年間にわたり,11基の砂防堰堤と護岸が施工されました。このうちの芦安地区の3基の堰堤群は歴史的土木施設としての価値が高いとして平成15年に土木学会から「選奨土木遺産」に認定されました。また芦安堰堤は平成9年,登録有形文化財にも指定されています。
出典:科学技術総合リンクセンターicon

 

施設の状態:保存・展示
所在地:山梨県南アルプス市芦安(旧芦安村)  
アクセス:JR中央本線竜王駅より西方約10km
見学方法(開館時間、入館料等):

周辺情報

周辺の歴史スポット

    周辺の観光スポット

      周辺の宿泊・温泉

        口コミ・写真

        御勅使川堰堤群 (源堰堤、藤尾堰堤、芦安堰堤)の平均評価
        Rate this post

        レビューを投稿する

         

        Optionally add an image (JPEG only)

        社会科見学

        プロのみどころポイント

        技術的特徴

        3つの堰堤のうち、まん中に位置する「芦安堰堤」は高さ22m・長さ59mと壮大で石積が美しい堰堤です。 わが国ではじめてのセメントを用いた堰堤で、上段がアーチ式、下段が重力式とめずらしい構造をもっています。
        「源堰堤」は最も下流に位置し、高さ7m・長さ109mと水平方向に長い優美な姿をみせます。
        「藤尾堰堤」は最も上流に位置し、高さ13m・長さ27mで、石積が美しく渓谷の中にとけ込んでいます。

        出典:土木学会関東支部HP

        その他