TOP > 関東 > 七重川砂防堰堤群

七重川砂防堰堤群

ななえかわさぼうえんていぐん

基本情報

埼玉県の砂防発祥の地

拡大写真
  • 七重川砂防堰堤群
  • 七重川砂防堰堤群
  • 七重川砂防堰堤群
  • 七重川砂防堰堤群

クリックして
画像を拡大

施設データ

分類:河川
建設年:大正6~昭和25年
建設の背景(由来・ストーリー):荒川水系都幾川は、山頂に“星と緑の創造センター”(旧・国立天文台堂平観測所)がある堂平山(標高876m)を水源とし、埼玉県のほぼ中央を西から東へ流れ、下流で越おっぺがわ辺川に合流する全長約30kmの川である。上流部一帯は急傾斜地が多く、大雨の度に大量の土砂が削られ、下流に流出していました。
 特に関東全域を襲った明治43年(1910年)の大豪雨は、県西部に甚大な土砂災害をもたらし、これを契機として、大正4年、国は都幾川・吉田川・赤平川の3渓流を県内初の砂防指定地としました。その翌年、県は都幾川支川の七重川で県内最初の砂防事業に着手。自然石を積み上げて造られた階段状の堰堤が続く景観は「百段の滝」とも呼ばれています。
 都幾川上流での砂防工事は、大おおくぬぎ椚砂防工営所を開設して実施されました。工事は都幾川の支川から始められ、やがて都幾川本川にも及んでいきました。昭和になると砂防工法は次第に多彩となり、コンクリートも使われるようになりました。
都幾川の本支川に造られた工作物の数は、昭和49年3月までに315か所に上り、そのうち七重川では大正期に9か所、昭和期に57か所が造られました。(大椚砂防事務所「既設作物調」昭和49年『都幾川村史』)。

出典:独立行政法人水資源機構HPicon
施設の役割:砂防
関連する土木技術者:施工:岩田重作氏
指導:岐阜県安八町や墨俣町の石積み職人

出典:独立行政法人水資源機構HP

Rate this post

<砂防指定地>
水系名荒川、幹川名都幾川、渓流名七重川
指定日大正4年12月14日
<その他>
土石流危険渓流344-Ⅰ-014
流域面積0.79km2
<既往の評価>
・埼玉県の砂防発祥の地
・大正5年着工した巨石空石積堰堤
・石積み技術は、岐阜県黒俣の職人を使用
・野面石と蛇篭を使用した護岸を組合せた階段式床固工石積み
・日本の近代土木遺産2800選(土木学会)においてB評価
<選奨土木遺産>
技術的デザイン的にすぐれたもの、ないしは由来やエピソードが豊富な構造物を「選奨土木遺産」として社団法人土木学会が認定・表彰しており、近接、連続した堰堤から成る流路工で大正・昭和初期当時の砂防工法を遺すということから、平成19年度に受賞
出典:埼玉県HPicon

 

施設の状態:保存・展示
所在地:埼玉県比企郡ときがわ町大字大野
アクセス:JR八高線明覚駅より西方約8km
見学方法(開館時間、入館料等):

周辺情報

周辺の歴史スポット

    周辺の観光スポット

      周辺の宿泊・温泉

        口コミ・写真

        七重川砂防堰堤群の平均評価
        Rate this post

        レビューを投稿する

         

        Optionally add an image (JPEG only)

        社会科見学

        プロのみどころポイント

        技術的特徴

        当時は重機やトラックもなく、すべては人力で行われ、石材は現地調達だった。当初は河原に転がっている石(規定は1 個の重さが130 kg以上)を使い、石の形や材質にこだわらず、どんな不定形な石でもうまく積み上げる技術が必要とされました。
        石運びにはモッコを使い、大きな石は4 人から8 人くらいで力を合わせて運んだ。石が近場で入手できない時は、現場より上流で採取し、半割にした丸太を枕木のように並べ、ソリを使って運び下ろしました。
        石積みにあたっては、板樋と呼ぶ木製の樋で流れを迂回させ、河床を掘る床掘を行いました。その後、下から順に石を積み上げていきますが、1段積むごとに裏側(上流側)に砂利を敷き、高低差をなくしてから積んでいきます。
        形の揃わない石をどう並べていくか。石には7 つの顔があるといわれ、どの面を表に出すかは、親方の指示によって行われました。
        不ぞろいの石を積み上げるために、1 つの石に隣り合う石の数は6 個を基準としました。これをムツマキといい、1個が抜け落ちても崩れることがないといいます。
        こうした作業はすべてシャベルやツルハシなどの簡単な道具だけで行われていました。特に多用されたのは大小2 本の鉄の棒で、カナテコと呼ぶ長さ110 cm位の棒は大きい石を動かすのに使い、クジリと呼ぶ長さ70 cm位の鉄棒は小石を詰めたりするのに使いました。
        出典:独立行政法人水資源機構HP

        その他