TOP > 関東 > 村山・山口貯水池

村山・山口貯水池

むらやま・やまぐちちょすいち

基本情報

「日本一美しい」取水塔

拡大写真
  • 村山・山口貯水池
  • 村山・山口貯水池
  • 村山・山口貯水池
  • 村山・山口貯水池

クリックして
画像を拡大

施設データ

分類:河川
建設年:村山上貯水池 1916~1924年 (大正5~13年) 村山下貯水池 1916~1927年 (大正5~昭和2年) 山口貯水池 1927~1934年 (昭和2~9年)
建設の背景(由来・ストーリー): 多摩湖の愛称で知られる村山貯水池は、急激に増加した東京の人口に対応する上水を供給するため、1916(大正5)年に下貯水池、翌年に上貯水池の建設が始められました。途中関東大震災の被害を受けながら、1924(大正13)年に上貯水池が完成、下貯水池は少し遅れたものの、上野~浅草間の日本で最初の地下鉄と同じ1927(昭和2)年に完成しました。この貯水池の水は多摩川の羽村取水堰で取水され、導水管を通っています。
出典:ダムサイト- 村山下貯水池icon

 山口貯水池(狭山湖)は狭山丘陵の一番奥をせき止めて作った人造の湖です。多摩川の水を羽村から取水して貯めておく施設で、東京市(当時)の人口増に対し、その飲み水を確保するため村山貯水池(多摩湖)に続いて計画されました。
 この計画で、山口村大字勝楽寺の大部分と大字上山口の一部が水没することになり、282軒の家が移転を余儀なくされました。工事は昭和4年に着工し、3年後に竣工、通水式を挙行しています。
 水没した大字勝楽寺は、奈良時代に創建されたと伝える勝楽寺仏蔵院をかつての村の名に持ち、狭山丘陵沿いの村々でも有数の古い村でした。
 所沢絣(所沢織物の項参照)の生産を支える機屋を数多く抱え、現金収入を得た豊かな村の面影は、下山口駅近くに移転した仏蔵院や中氷川神社の境内に残るゆかりの石造物の優れた出来に、偲ぶことができます。
出典:所沢市ホームページ 『ところざわ歴史物語』ショートカット
(『ところざわ歴史物語』117ページ(4章18節「昭和不況と山口貯水池の建設」)に掲載)icon
施設の役割:村山上貯水池は、東京の人口が急激に増加し、それに伴って増えた上水の需要に対応するため村山下貯水池と同時に建設され、一足早く関東大震災の翌年の大正13年に完成しました。上水道用の水は、玉川上水と同じ多摩川の羽村取水堰で取水され、導水管を通って両貯水池に運ばれて来ます。一旦貯水池に貯められた水は給水塔から取水され、ふたたび導水管で東村山浄水場に送られます。
 貯水池周辺は非常に自然が豊かで、ひっそりとした雰囲気です。また湖の周囲はサイクリングロードが整備され、多くの人がサイクリングやジョギングを楽しんでいます。
出典:ダムサイト- 村山上貯水池icon

 村山下貯水池は、昭和初期の東京の人口増大による水需要をまかなうために築造されました。村山下貯水池の建設時には、百世帯以上に及ぶ地元住民の方が、住みなれた故郷を離れなければなりませんでした。このダムは、地元の方々のご理解・ご協力のもと、完成しました。
 その後、戦災に見舞われながらも東京都民の暮らしに欠かせない水源として、水を供給し続けてきました。
 村山下貯水池は、山口貯水池等とともに、小作取水堰及び羽村取水堰から取水し、東村山浄水場及び境浄水場へ導水するために活用している施設です。利根川系の渇水時等には、村山下貯水池から原水連絡管により朝霞浄水場へ送水することが可能であることからも、重要な役割を担う施設です。
出典:東京都水道局 村山下貯水池概要icon
関連する土木技術者:
中島鋭治博士の頌徳碑
村山貯水池上堰堤の上端には、上下の貯水池を眺めるように中島鋭治博士の頌徳碑(しょうとくひ)が立っています。この碑は昭和11(1936)年6月、博士の門下生たちにより建立されました。根布川石を使い、高さ12尺(約3.63m)、幅5尺(約1.52m)の立派なものです。
その碑文には、次のように刻まれています。
「東京帝国大学名誉教授で土木学会長の中島鋭治先生は、わが国の衛生工学の権威で、東京市水道の恩人である。特に委嘱を受けて御所の水道をはじめ、東京市その他わが国都市の大半にわたって上下水道を計画施工した。水道鉄管の基準も先生が調査し定めたものである。先生の業績は天皇がお聞きになり、大正13年5月旭日重光章を授与された。先生の栄誉は大である。わが学会並びに水道事業界は、先生に依頼する所が多かったが、不幸にも大正14年2月17日に68歳をもって亡くなられた。先生の記念事業として日本水道史の編纂刊行を計画し、また先生と縁のあるこの地に碑を建て、先生の善行を刻して慕い仰ぐ気持ちをあきらかにする。」

出典:多摩湖の歴史

村山・山口貯水池 5/5 (100%) 1 vote

多摩湖の正式名称は、村山上貯水池・下貯水池で、二つの湖に分かれています。村山上貯水池は大正13年(1924)年3月31日に竣工し貯水量3,321,000立方メートル、村山下貯水池は、昭和2(1927)年3月31日に竣工し貯水量12,148,000立方メートルです。
一方、多摩湖のそばには、うりふたつな狭山湖があります。狭山湖の正式名称は、山口貯水池で、昭和9(1934)年3月に竣工し貯水量20,649,000立方メートルです。
出典:多摩湖の歴史icon

村山下ダム
東京都が所有する上水道用水専用のアースダムです。多摩川から取水し、導水路にて村山上ダムを経由し、このダムに水が導かれています。
近年の調査で、大地震が発生すると決壊の恐れがあることが分かり、2003年から5年間の工期で堤体が補強されました。
ダム湖にはレトロな取水塔が2棟そびえており、この取水塔は現地の案内板によると「日本一美しい」と記されています。
出典:ダムマニア – DAM MANIAicon

狭山湖(正式名称「山口貯水池」)は、埼玉県の南中部に位置する所沢市と入間市の境界にまたがっており、多摩川の水を導水して昭和9年に東京都の水瓶として完成した人造湖です。
湖周辺は
立狭山自然公園となっており、埼玉の「自然百選」にも選ばれています。春は桜、夏は萌える緑の森林浴、秋の紅葉、冬は湖面に映る富士山と夕日など、1年を通して、季節ごとにその美しさが楽しめることから、たくさんの観光客が訪れます。
出典:狭山湖「山口貯水池ダム」 ダム湖百選icon

 

施設の状態:保存・展示
所在地:東京都東大和市、埼玉県所沢市
アクセス:村山貯水池
西武多摩湖線「武蔵大和駅」下車・徒歩10分
西武多摩湖線・西武山口線「西武遊園地駅」下車・徒歩3分
西武山口線「遊園地西駅」下車・徒歩1分

山口貯水池
西武狭山線・山口線「西武球場前駅」下車
見学方法(開館時間、入館料等):

周辺情報

周辺の歴史スポット

    周辺の観光スポット

      周辺の宿泊・温泉

        口コミ・写真

        村山・山口貯水池の平均評価
        村山・山口貯水池 5/5 (100%) 1 vote

        レビューを投稿する

         

        Optionally add an image (JPEG only)

        社会科見学

        プロのみどころポイント

        技術的特徴

        多摩湖の設計
        大正元(1912)年10月、東京市は水道課に水道拡張準備係を置いて、いよいよ具体的な仕事に取りかかり、翌年11月には中島鋭治博士を工事顧問としました。
        村山貯水池の二つの堰堤は、同じ工法で作られています。近くの丘や高台を切り崩し、その土をつき固め積み上げて堤を作るやり方です。また、要所にはコンクリートを使うという近代的な技術を駆使して築かれました。土を主として築くので、アースフィル式ダムといわれるものです。土が主成分なので、当然のことながら堰堤の底は幅が広く、断面は傾斜のゆるい三角形になります。

        多摩湖の建設
        多摩湖の建設は、大正5(1916)年に着工しましたが、工事は人力が主であったため、昭和2(1927)年の完成まで、10年以上の歳月がかかりました。貯水池工事の資材運搬のための軽便鉄道(通称:東京市軽便鉄道)が東村山駅から上堰堤の下まで敷設され、小型蒸気機関車が2台往復したそうです。東村山駅から清水までは平地でしたが、そこからは隧道を通り下貯水池取水塔付近に到達できました。この隧道は、高木の宮鍋氏が請け負って掘ったので、宮鍋隧道と言われました。
        多摩川の羽村取水堰から村山上貯水池までの導水路を羽村村山線と呼びます。導水路は、主に暗渠と3つの隧道(トンネル)でした。羽村村山線に沿って、導水路工事のための気丈が敷設され、トロッコが工事材料を運びました。導水路が完成すると、軌条も撤去されました。導水路上は現在、野山北公園自転車道となっていて人々に親しまれています。
        出典:多摩湖の歴史

        その他