TOP > 関東 > 荒玉水道と給水塔

荒玉水道と給水塔

あらたますいどうときゅうすいとう

基本情報

「水道タンク」「みずの塔」 都内に残る水の遺産(宮沢さん)

拡大写真
  • 荒玉水道と給水塔
  • 荒玉水道と給水塔
  • 荒玉水道と給水塔
  • 荒玉水道と給水塔

クリックして
画像を拡大

施設データ

分類:河川
建設年:荒玉水道 1925~1931年 野方給水塔 1926~1929年 大谷口給水塔 1925~1931年
建設の背景(由来・ストーリー):1923年の関東大震災後、東京市に隣接した町村の急速な都市化による水の需要に応えるために、奥多摩・北豊島両郡にある13の町村が組合を作り、多摩川(玉川)と荒川を結ぶ上水道を建設することになりました。しかし実際には2つの川は結ばれておらず、多摩川を水源とする世田谷区の砧(きぬた)浄水所から中野区の野方(のがた)給水所をへて、板橋区の大谷口(おおやぐち)給水所までを管径1.1mの鉄管で結び、総延長約17km の1期工事で終わっています。
1931年9月に竣工した荒玉水道には、野方給水塔と大谷口給水塔があります。しかし、いずれも現在は給水塔として使用されておらず、野方給水塔は防火用水として、また大谷口給水塔は取り壊しが決まっています。2つの給水塔は本来の役目を終えていますが「水道タンク」「みずの塔」などと親しみを込めて呼ばれ、街の顔として愛されています。

出典:建設コンサルタンツ協会HP
施設の役割:関東大震災大正12年(1923年)後、東京近郊は都心部から逃れてきた人たちで、 急速に人口が増加しました。人口増加による水不足はかなり深刻な状態だったようです。
その水不足を解消するために荒玉水道という上水道が計画されました。
●荒玉水道とは 
北豊島郡と豊多摩郡の13の町(北豊島郡が板橋町、巣鴨町、瀧野川町、王子町、岩淵町、長崎町、高田町、西巣鴨町で、豊多摩郡が中野町、野方町、和田堀町、杉並町、落合町)からなる東京府荒玉水道町村組合によって作られました。
多摩川の水を、砧浄水場(世田谷区)から野方給水場(野方水道タンク)・大谷口給水場(大谷口水道タンク)までの水道のことを言います。この工事は、大正14年((1925年)から工事に入り昭和6年(1931年)に完成しました。荒玉水道の荒玉は、荒川と玉川(多摩川)のことで、将来は、荒川からも水を引く計画があったそうです。
荒玉水道の終点が大谷口水道タンクなのです。
昭和47年(1972年)7月、老朽化によって使用が中止されるまで、およそ40年の間、地域の人たちに飲料水を供給し続けました。
その後、水道施設としての機能は完全に停止したまま現在に至っています。
出典:板橋らいふ.comicon
関連する土木技術者:荒玉水道事業における調査・設計のすべては、日本近代衛生工学の父と言われている、工学博士中島鋭治という方です。
中島氏は、アメリカ、ドイツなどに留学し、衛生工学・水道工事・橋梁学等を修め、ヨーロッパの上下水道・土木工事・ローマの給水法を調べたりしました。彼は全国の上下水道の指導もしており、彼の作品は、駒沢給水所・野方給水塔・大谷口給水塔等、日本のいたるところにあるといわれています。
日本人で初めて東京の下水道を設計したのも彼です。
マンホールの蓋の原型を作ったのも彼だそうです。
優雅で、ある種の美しさをもった大谷口水道タンクは、ドーム式屋根・丸窓等、当時流行したアールデコ、表現派の特徴を持っているといわれています。
出典:板橋らいふ.com

Rate this post

くねくねと折れ曲がった道路の多い東京の中で、ひときわ目立つまっすぐな道があります。世田谷区喜多見から杉並区高円寺付近までの住宅密集地を貫く約9kmの直線道路。「荒玉水道道路」と呼ばれ”道路”ではありますが、この道は車のために作られたものではありません。この道は上水の送水管布設のために作られたスペースであり、車両の通行ができるようになったのは1962年からとのことです。
荒玉水道の「荒」は荒川を、「玉」は多摩川(玉川)を示す言葉です。
荒玉水道は、大正14年4月に着工し、昭和6年9月に竣工。管径1.1mの鉄管で総延長17km、現在の金額に換算すると115億円の大工事でした。

出典:建設コンサルタンツ協会HP、
CivilEngineeringConsultant
VOL..227April2005

 

施設の状態:保存・展示
所在地:世田谷区喜多見~杉並区高円寺付近
アクセス:京王線「桜上水駅」下車
見学方法(開館時間、入館料等):

周辺情報

周辺の歴史スポット

    周辺の観光スポット

      周辺の宿泊・温泉

        口コミ・写真

        荒玉水道と給水塔の平均評価
        Rate this post

        レビューを投稿する

         

        Optionally add an image (JPEG only)

        社会科見学

        プロのみどころポイント

        技術的特徴

        その他