TOP > 関東 > 両総用水

両総用水

りょうそうようすい

基本情報

両総用水(りょうそうようすい)は、千葉県北東部の利根川沿岸地域の排水と、九十九里平野南部の地域への農業用水の供給を目的とした用水路。 出典:ウィキペディア

拡大写真
  • 両総用水
  • 両総用水
  • 両総用水
  • 両総用水

クリックして
画像を拡大

施設データ

分類:河川
建設年:1943~1965年 昭和18~40年
建設の背景(由来・ストーリー): 千葉県香取市佐原一帯は利根川や大須賀川などによる洪水に悩まされた地域で、雨が降るたびに田畑の作物が水に浸かってしまう湿地帯でした。
一方、九十九里浜は広大な平野でありながら川が少なく、少しの日照りでもはげしい水争いが起こるほど水が不足する地域です。
この数10km離れた2つの地方の苦しみを一度に解決したのが両総農業用水。セメントも手に入らぬ太平洋戦争の真っ只中、利根川の水を九十九里浜まで運ぶという日本で初めての大きなプロジェクトでした。
千葉県が全国で2位の農業県になるなど、当時の誰が想像できたでしょうか。

出典:関東農政局両総農業水利事業所HPicon
施設の役割:千葉県の農業生産、地域の営農を支える重要な農業用水となっています。
出典:千葉県HPicon
関連する土木技術者: 総延長78kmという大きな水路は、日本の技術者としても初めての経験でした。この工事を可能にしたのは、満州帰りの技術者たちでした。戦争前の日本は、台湾、朝鮮半島、中国大陸(特に満州)と進出しており、外地の食料増産のために国内とは比較にならないくらいスケールの大きな農業土木事業が行われていたそうです。(『両総土地改良区史・中巻』より)。
両総用水には全部で51か所にトンネル、23か所にサイホンが造られました。珍しいのは、そのすべての水路トンネルの入口と出口に、揮ごう(銘盤)が刻まれていることです。それぞれの言葉には、農民、関係機関、技術者、作業者たちのこの用水に対する誇りと願いが感じられて、当時の熱い想いが伝わってくるようです。

出典:関東農政局両総農業水利事業所HP

Rate this post

千葉県香取市佐原の第1揚水機場で利根川から取水し、香取市伊地山で栗山川に流し込み、栗山川下流の山武郡横芝光町寺方の第2揚水機場で再度取水し、東金市や茂原市などの九十九里平野南部まで農業用水を供給している。全取水量は14.47m³/s、用水を供給している受益面積は約20,000ヘクタールになる。

幹線は、第1揚水機場から栗山川源流までの北部幹線と、第2揚水機場までの栗山川部分、第2揚水機場からの南部幹線により成り立っており、北部幹線と栗山川部分を房総導水路と共用している。

出典:ウィキペディア

 

施設の状態:保存・展示
所在地:千葉県香取郡市・匝瑳郡市・山武郡市・長生郡市の4郡市、19市町村に跨る地域。受益面積約18,000ha。 出典:疎水名鑑 (http://inakajin.or.jp/sosui_old/chiba/a/222/index.html)
アクセス:両総農業水利事業所
JR東金駅から徒歩20分


見学方法(開館時間、入館料等):問い合わせ先
両総農業水利事業所
〒283-0805 千葉県東金市松之郷2333
電話番号:0475(52)6262 FAX番号:0475(50)1093

周辺情報

周辺の歴史スポット

    周辺の観光スポット

      周辺の宿泊・温泉

        口コミ・写真

        両総用水の平均評価
        Rate this post

        レビューを投稿する

         

        Optionally add an image (JPEG only)

        社会科見学

        プロのみどころポイント

        技術的特徴

         両総用水第20号隧道は、佐原基点、6K512.8m地点より始まり延長1009m、断面は半径2.6mの半円形隧道です。この隧道付近一帯は、最高約40m(海抜)で、隧道インバート下端標高は平均11.8mである。地質は粘土分の極めて少ない細砂で、地下水の平均水位は標高17.5mである。掘削において湧水に出会い、覆工背面の砂が押し出されれて覆工に亀裂を生じ遂には破壊するに至りました。坑道枠を入れるや流砂によって坑道が埋め戻される状況でした。そこでウェルポイント工法、路線変更、開渠及び圧気工法等の比較研究がなされ、工期及び工費を勘案し、遂に圧気工法にて施工することになりました。


        出典:土木学会誌 第三十七巻 第二号 昭和27年2月発行 (1952年)

        その他

        出典:土木学会誌 第三十七巻 第二号 昭和27年2月発行 (1952年)