TOP > 関東 > 大利根用水

大利根用水

おおとねようすい

基本情報

大利根用水(おおとねようすい)は、千葉県北東部の利根川沿岸地域の排水と、九十九里平野北部の地域への農業用水の供給を目的とした用水路。疏水百選に選定されています。 出典:ウィキペディアicon

拡大写真
  • 大利根用水
  • 大利根用水
  • 大利根用水
  • 大利根用水

クリックして
画像を拡大

施設データ

分類:河川
建設年:1935~50年 (昭和10~25年) 改修 1970~1992年 (昭和45~平成4年)
建設の背景(由来・ストーリー):九十九里平野の北部(現在の干潟町付近)には、昔、椿海(つばきのうみ)と呼ばれる総面積約5,000haに及ぶ広大な湖がありました。1671年(寛文11年)、この湖の干拓を完了して「干潟八萬石」と呼ばれる約3,000haの水田と、18の新しい村が誕生しました。この水田の用水源として、周辺の丘陵部に湧水などを貯める池をいくつも築きました。しかし、椿海の水はもともと周辺の農地のかんがいに用いられていたほか、遊水池としての役割も果たしていたため、干拓後も干ばつと洪水に苦しめられました。雨が降れば、低いところは元の湖のようになり、日照りが続けば用水をめぐる争いが頻発しました。こうした事態を解消するため、利根川から取水する計画が立てられました。

出典:関東農政局利根川水系土地改良調査管理事務所 HPicon
施設の役割:大利根揚水の施設は、戦中、戦後の資材難の時代に施工されたものであるため、老朽化が著しく、昭和45年から国営事業により全面的な改修が実施されました。その結果、干ばつ時にも水量の安定した利根川の水が利用できるようになり、干潟八萬石とその近隣の農地約7,300haの用水は安定した農業を行うことができるようになりました。

出典:関東農政局利根川水系土地改良調査管理事務所 HPicon
関連する土木技術者:大正13年の大旱魃(だいかんばつ)を契機に利根川から引水するという壮大な計画が野口初太郎技師(千葉県耕地課)により提案・実行されました。
出典:全国水土里ネット・疎水名鑑

Rate this post

千葉県香取郡東庄町笹川の笹川揚水機場で黒部川に導き入れた利根川の水を取水し、地下水路を通して東庄町の下総台地を越え、旧椿海沿岸の同町窪野谷にある旭市飛地内の分水工で東幹線・新川水系・西幹線に分岐し、旭市・匝瑳市・横芝光町(栗山川東岸まで)の農地に灌漑用水を供給しています。

出典:ウィキペディアicon

 

施設の状態:保存・展示
所在地:千葉県柏市根戸471-65
アクセス:利根川水系土地改良調査管理事務所
JR北柏駅 徒歩15分


見学方法(開館時間、入館料等):問い合わせ先
利根川水系土地改良調査管理事務所
〒277-0831 千葉県柏市根戸471-65
電話番号:04(7131)7141 FAX番号:04(7133)3527

周辺情報

周辺の歴史スポット

    周辺の観光スポット

      周辺の宿泊・温泉

        口コミ・写真

        大利根用水の平均評価
        Rate this post

        レビューを投稿する

         

        Optionally add an image (JPEG only)

        社会科見学

        プロのみどころポイント

        技術的特徴

        その他