TOP > 関東 > 間瀬湖

間瀬湖

ませこ

基本情報

日本最初の農業用コンクリートダム

拡大写真
  • 間瀬湖
  • 間瀬湖
  • 間瀬湖
  • 間瀬湖

クリックして
画像を拡大

施設データ

分類:河川
建設年:1930~1933年(昭和5年~昭和12年)
建設の背景(由来・ストーリー):本庄市(旧児玉町)、美里町、深谷市(旧岡部町)の692haの田に用水を供給するため、1928~1937(昭和3~12)年に整備された農業用ため池です。農業用としては日本最初のコンクリートダムですが、防災事業等により部分補修が行われ、現在に至っています。花見等の観光名所にもなっています。

出典:埼玉県HPicon
施設の役割:昭和初期に造られた東日本に残る最古のコンクリート式農業用ダムで、現在も農地242haをかんがいしています。
洪水吐(こうずいばき)※1から流れ出る水が白い波を立てながら雄大な堤体を滑り降りる姿は、特に美しいと言われています。
湖周辺の谷津田地帯は、古代の条里制(じょうりせい)※2によって開発された埼玉県で最も古い水田地帯です。しかし、用水源は流域が狭く、流量も不安定で、3年に1度は干ばつ被害が発生していたことから、用水不足解消のために間瀬湖が築造されました。
完成後70年以上経過した今では、周辺の景観にすっかり溶け込み、ふるさと歩道にも指定されています。湖と堤体が織りなす景観は、1957(昭和32)年「新日
本百景」、1984(昭和59)年「ふるさとさいたま百選」、そして1986(昭和61)年には「利根川百景」に選出されています。
また、桜の名所として多くの観光客が訪れる他、ヘラブナ釣りの名所としても有名です。

出典:埼玉県HPicon
※1 洪水の流入に対し、ダムと貯水池の安全を確保するために設けられた放流設備
※2 奈良時代に行われた事業であり、日本各地で水田を同じ大きさの区画に揃えて管理する制度。
関連する土木技術者:設計は高堀育三

出典:文化遺産オンライン

Rate this post

間瀬堰堤は、利根川水系に属する間瀬川の上流域をせき止め、洪水を防ぎ、かんがい用水を確保するため8年の歳月(1930(昭和5)年~1937(昭和12)年)をかけて築造された東日本に現存する最古の農業用重力式コンクリートダムです。堤体の高さ27.5m、堤体の長さ126m、総貯水量530,000m3。堤体上流側に上部・中部・下部3か所の取水口をもち、洪水吐は中央越流式非調整型です。
また、堤体下流にある、4つの橋げたを持ち、下部をアーチ形にくりぬかれたコンクリート製の管理橋は、間瀬堤体と一体のものとして、1938(昭和13年)に設置されました。堰堤・管理橋ともに、2000(平成12)年に有形登録文化財として指定されました。
貯水池は間瀬湖と呼ばれ、埼玉県立上武自然公園内にあり、間瀬湖と間瀬堤体等が織りなす景観は、1957(昭和32年)に「新日本百景」、1984(昭和59年)に「ふるさとさいたま百選」、1986(昭和61)年に「利根川百景」に選出されるなど、景勝地としても知られています。
また、桜の名所、ヘラブナ釣りの名所としても有名であり、桜の開花時期には多くの観光客が訪れます。

出典:農林水産省icon

 

施設の状態:供用中
所在地:埼玉県本庄市児玉町小平
アクセス:[鉄道利用]
JR八高線児玉駅前から路線バス「いずみ号」にて、下元田バス停下車徒歩10分

[車利用]
関越道本庄児玉ICから国道462号、県道・長瀞児玉線を通り約20分
見学方法(開館時間、入館料等):

周辺情報

周辺の歴史スポット

    周辺の観光スポット

      周辺の宿泊・温泉

        口コミ・写真

        間瀬湖の平均評価
        Rate this post

        レビューを投稿する

         

        Optionally add an image (JPEG only)

        社会科見学

        プロのみどころポイント

        技術的特徴

        取水塔付のコンクリート造重力式堰堤。堤体の高さ27.5m、堤体の長さ126m、総貯水量530,000㎥。木造2階建の取水塔上屋附属。堤体内に放水路を設け,堤体上流側に上部・中部・下部3か所の取水口をもち、洪水吐導流部を中央越流式としています。
        堤体下流にある、4つの橋げたを持ち、下部をアーチ形にくりぬかれたコンクリート製の管理橋は、間瀬堤体と一体のものとして、1938(昭和13)年に設置されました。

        出典:農林水産省
        出典:文化遺産オンライン
        出典:文化庁 国指定文化財等データベース

        その他