TOP > 関東 > 見沼代用水

見沼代用水

みぬまだいようすい

基本情報

近世用排水システムの結実

拡大写真
  • 見沼代用水
  • 見沼代用水
  • 見沼代用水
  • 見沼代用水

クリックして
画像を拡大

施設データ

分類:河川
建設年:1728年(享保13年)
建設の背景(由来・ストーリー):徳川吉宗による幕府の財政改革(享保の改革)のため、土木技術家・井沢弥惣兵衛為永に、数多くあった池沼の新田開発が命じられました。 その一つとして、享保12年(1727年)に八丁堤を切って見沼溜井は干拓され、見沼たんぼが生まれました。
そして、干拓された見沼溜井の代わりとなる農業用水の確保のため、利根川から約60kmに渡って用水が引かれ、 見沼たんぼの西縁と東縁の台地にそって水路が掘削され、農業用水が供給されました。

出典:さいたま市・見沼たんぼのホームページicon
施設の役割:見沼新田(見沼田んぼ)周辺の灌漑用水
荒川連絡水道専用水路(水道用水、武蔵水路補完)
出典:ウィキペディアicon
関連する土木技術者:井沢弥惣兵衛為永

Rate this post

見沼代用水(みぬまだいようすい)は、江戸時代の1728年(享保13年)に幕府の役人であった井沢弥惣兵衛為永が新田開発のために、武蔵国に普請した灌漑農業用水のことです。名前の通り、灌漑用溜池であった見沼溜井の代替用水路でした。流路は、現在の埼玉県行田市付近の利根川より取水され、東縁代用水路は東京都足立区、西縁代用水路は埼玉県さいたま市南区に至ります。
埼玉・東京の葛西用水路、愛知県の明治用水とならび、日本三大農業用水と称されています。疏水百選にも選定されています。
出典:ウィキペディアicon

 

施設の状態:保存・展示
所在地:埼玉県さいたま市緑区大字大間木字八町、字長割、字附島他(見沼通船堀公園)
アクセス:JR東浦和駅より徒歩5分(見沼通船堀公園)
見学方法(開館時間、入館料等):

周辺情報

周辺の歴史スポット

    周辺の観光スポット

      周辺の宿泊・温泉

        口コミ・写真

        見沼代用水の平均評価
        Rate this post

        レビューを投稿する

         

        Optionally add an image (JPEG only)

        社会科見学

        プロのみどころポイント

        技術的特徴

        紀州流の土木手法(取水と排水の分離)。見沼代用水では見沼跡の中央に、芝川が北に延長する形で作られています。これは、東西の用水路から取り込んだ水を芝川に排水するためです。
        また、地形をうまく生かして台地と低地との境にある崖を天然の堤として利用し、工事量を減らす工夫も見られます。
        このほか用水路を利用した水運のための施設「見沼通船堀」は、日本最古の閘門(こうもん)式運河です。

        その他