TOP > 関東 > 権現堂川用水樋管群

権現堂川用水樋管群

ごんげんどうがわようすいひかんぐん

基本情報

権現堂川用水新圦(しんいり)は煉瓦造り樋管で保存状態が良い

拡大写真
  • 権現堂川用水樋管群
  • 権現堂川用水樋管群
  • 権現堂川用水樋管群
  • 権現堂川用水樋管群

クリックして
画像を拡大

施設データ

分類:河川
建設年:権現堂川用水新圦:1905年(明治38年) 巡礼樋管:1933年(昭和8年) 同取付堤防:1933年(昭和8年)
建設の背景(由来・ストーリー):新圦は権現堂川用水の元圦(取水口)だが、水源である権現堂川は利根川および中川の改修によって、大正末~昭和初期頃に廃川となった。新たな水源は利根川へと変更され、新圦の代替施設として権現堂川用水水路橋(利根川から取水した用水を中川の上を水路で送水)と巡禮樋管(コンクリート製)が中川に建設された。新圦はその時に廃棄されたようである。
元圦変遷の顛末は、権現堂堤に残る権現堂川用水記念碑(昭和8年建立、撰文は内務省技師の真田秀吉)に詳しく記されている。しかし新しい権現堂川用水は、用水が不足し不安定な水利形態だったようである。新圦の左岸上流の河川敷には、第一第二権現堂川揚水機場建設記念碑(昭和19年建設、扁額は埼玉県議会議長 三ツ林弥太郎)が建っている。自然流下の取水では用水が不足するので、2台のポンプで加圧したということだろう。
現在、権現堂川用水は葛西用水の北側用水路に合併されている。

出典:きまぐれ旅写真館 埼玉県の煉瓦水門 権現堂川用水(icon
施設の役割:
関連する土木技術者:

Rate this post

権現堂川用水は、1892年(明治25年)に開削された農業用水路です。杉戸町北蓮沼の中川右岸には、その竣工記念碑である権現堂川用水碑が残っています。かんがい区域は幸手町、権現堂川村、吉田村、八代村、田宮村でした。これらは北側用水路の下郷に属する村々です。田宮村(現在の杉戸町並塚、才羽、大塚など)を除いた1町3村は、現在は幸手市の市域となっています。これらの町村では、権現堂川用水の開設に伴い北側用水の組合から脱退し、新たな水利組合を創設するという案も出されていたようです(葛西用水史 通史編、p.520)。

出典:きまぐれ旅写真館 埼玉県の煉瓦水門 権現堂川用水(icon

 

施設の状態:保存・展示
所在地:埼玉県幸手市
アクセス:
見学方法(開館時間、入館料等):

周辺情報

周辺の歴史スポット

  1. 花蔵院の四脚門:四脚門とは、屋根を支える2本の円柱の本柱の前後に2本ずつ計4本の袖柱(そでばしら)があるところがその名の由来。江戸時代初期の建造と推定され、県内の四脚門の中でも格調高い評価がなされています。県の有形文化財指定。
  2. 塚内古墳群:南埼玉地域最多の古墳群で、6世紀から7世紀の古墳時代後期のものと推定。古墳の大きさは、高さ2~3m、直径10~20m程の小規模なものです。また、地域特徴が表れた2種類の円筒埴輪や男性を表現した人物埴輪などが発掘されています。
  3. 粕壁宿:粕壁(現春日部)は、日光街道・奥州街道の日本橋から数えて4番目の宿場町でした。かつて松尾芭蕉も歩いた道です。粕壁の町は日光に近い方が上手で、江戸方面の宿の入り口に、市神である牛頭天王社(現八坂神社)が祀られています。

周辺の観光スポット

  1. 内牧公園:園内にはアスレチック広場・バーベキュー広場・ピクニック広場・じゃぶじゃぶ池・多目的広場・竪穴式住居広場などがあり、家族連れで賑わっています。細長い地形の公園で、公園に沿うようにサイクリングロードが整備されています。
  2. 蓮花院のムク:ニレ科の落葉樹のムクは、関東地方の平地に多く生育しています。ここ蓮花院のムクの樹齢は約400年、根回り6m、高さ27m程を誇る巨木。6本の大枝を25m四方に大きく広げています。昭和19年に県の天然記念物に指定されました。
  3. 産直の里 内牧:「産直の里内牧協議会」会員農家が、梨・ブドウなどの生産直売を実施。そのほかの果物や野菜、鉢花、お茶などを取り扱っている農園もあります。梨・ブドウなどの収穫体験や、花トマトなどの野菜、花の直売を行っています。

周辺の宿泊・温泉

    口コミ・写真

    権現堂川用水樋管群の平均評価
    Rate this post

    レビューを投稿する

     

    Optionally add an image (JPEG only)

    社会科見学

    プロのみどころポイント

    技術的特徴

    ゲートまわり(川表):ゲートの戸当りと甲蓋(水路の上蓋)は石造り。隅石の貼りかたは装飾的です。ゲート(木製)は完全に腐朽しています。
    新圦 (川裏から):ここは権現堂川の旧河川敷ですが、河床には砂が多く分布しています。新圦に繋がった水路の大半は土砂で埋まっています。川裏の銘板には、竣功年が刻まれています。
    使われている煉瓦には上敷免製(日本煉瓦製造の深谷工場)の刻印が確認できます。

    その他