TOP > 関東 > 群馬用水

群馬用水

ぐんまようすい

基本情報

水でつなぐ未来への架け橋

拡大写真
  • 群馬用水
  • 群馬用水
  • 群馬用水
  • 群馬用水

クリックして
画像を拡大

施設データ

分類:河川
建設年:1970年 (昭和45年)
建設の背景(由来・ストーリー):群馬県の赤城・榛名・子持山麓は水源に乏しく、農業経営が不安定でした。戦前の1938年(昭和13年)から開田計画が策定されましたが戦争激化のため実現しませんでした。
戦後、食糧不足もあって農林省が食糧増産対策事業を推進し、土地改良事業が全国的に行われました。この一環として赤城・榛名・子持山麓におけるかんがい用水路建設が企図されました。

出典:ウィキペディアicon
施設の役割:群馬用水は、矢木沢ダム及び奈良俣ダム等を水源として農業用水と水道用水を供給する施設です。取水は沼田市岩本地点の利根川右岸から行い、赤榛分水工で赤城幹線・榛名幹線に分水し、分水口、揚水機場等を経由して用水の供給を行います。
農業用水は、赤城山南麓や榛名山東麓の農業地帯のうち、前橋市など7市町村の耕地約6,300haの畑地かんがい、田畑輪換、既成田の用水補給のため、最大毎秒12.44㎥の用水を供給します。
水道用水は、県央地域の前橋市、高崎市、渋川市など8市町村に毎秒4.119㎥を供給します。

出典:群馬用水管理所HPicon

関連する土木技術者:

Rate this post

群馬用水は、利根川の水を取水するかんがい用水路です。はじめは1流路の導水幹線ですが、渋川市上白井の赤榛分水工で東西に分流し、西側の子持山南麓・榛名山東麓に向かう榛名幹線と、東の赤城山南麓を流れる赤城幹線の2本の用水路に分かれます。
榛名幹線は約24kmで、子持南麓を通り吾妻川サイホン水管橋で吾妻川を横断し、榛東村・高崎市へと流れ鳴沢湖へ至ります。赤城幹線は約33kmで、渋川市内で利根川サイホン水管橋で利根川を横断し、利根川東岸側へ流れて前橋市北部から桐生市(旧新里村)の早川池へ至っています。

出典:ウィキペディアicon

 

施設の状態:保存・展示
所在地:群馬県前橋市古市町386(群馬用水管理所)
アクセス:JR新前橋駅徒歩10分
(群馬用水管理所)
見学方法(開館時間、入館料等):群馬用水見学(群馬用水管理所に申し込み、開催時間:平日の午前10時~午後4時までの間、年末年始を除く)

周辺情報

周辺の歴史スポット

    周辺の観光スポット

      周辺の宿泊・温泉

        口コミ・写真

        群馬用水の平均評価
        Rate this post

        レビューを投稿する

         

        Optionally add an image (JPEG only)

        社会科見学

        プロのみどころポイント

        技術的特徴

        その他