TOP > 関東 > 渡良瀬川沿岸(わたらせがわえんがん)

渡良瀬川沿岸(わたらせがわえんがん)

わたらせがわえんがん

基本情報

拡大写真
  • 渡良瀬川沿岸(わたらせがわえんがん)
  • 渡良瀬川沿岸(わたらせがわえんがん)
  • 渡良瀬川沿岸(わたらせがわえんがん)
  • 渡良瀬川沿岸(わたらせがわえんがん)

クリックして
画像を拡大

施設データ

分類:河川
建設年:
建設の背景(由来・ストーリー):
施設の役割:
関連する土木技術者:

Rate this post

渡良瀬川の太田頭首工から取水した多々良川(たたらがわ)は、古くから農業用水として地域の水田を潤しています。
八瀬川(やせがわ)は、日光例幣使街道の宿場町として栄えた太田市中心部を流れており、鶴生田町付近など桜の名所として市民に親しまれています。また、多々良川の途中にある多々良沼は、白鳥の飛来地、水生植物の宝庫として有名です。
出典:農林水産省HP 疏水百選・渡良瀬川沿岸icon

 

施設の状態:保存・展示
所在地:太田頭首工より取水する2用水 多々良川(多々良沼):群馬県館林市・邑楽郡邑楽町2市町にまたがる地域 面積:約75ha 周囲:約7km 八瀬川:群馬県太田市を南北に流れる河川、全長約10km
アクセス:
見学方法(開館時間、入館料等):

周辺情報

周辺の歴史スポット

    周辺の観光スポット

      周辺の宿泊・温泉

        口コミ・写真

        渡良瀬川沿岸(わたらせがわえんがん)の平均評価
        Rate this post

        レビューを投稿する

         

        Optionally add an image (JPEG only)

        社会科見学

        プロのみどころポイント

        技術的特徴

        その他