TOP > 関東 > 剣崎浄水場

剣崎浄水場

けんざいじょうすいどう

基本情報

高崎市で最も古い浄水場です。 平成21年度土木学会選奨土木遺産に選定されました。

拡大写真
  • 剣崎浄水場
  • 剣崎浄水場
  • 剣崎浄水場
  • 剣崎浄水場

クリックして
画像を拡大

施設データ

分類:河川
建設年:1910年 (明治43年)
建設の背景(由来・ストーリー):1887年(明治20年)頃高崎町の中心部である本町外14ヶ町の有志が相図り、烏川の流水を引入れた長野堰用水を水源とし、分流新井堰より取水して、小規模の水道を築造したが、その規模は極めて弱小で、高崎全町に給水するに至らず、また無圧のため防火用としても効果が少なく、長野堰修繕工事、あるいは豪雨等による濁水流入のため断水が多く、明治27、8年頃より本格的な水道布設が強く望まれるようになった。
出典:高崎市HP 水道・下水道事業年報icon
施設の役割:県内最初の浄水場であり、全国でも20番目という歴史ある浄水場は今なお現役選手で、市内の約5,000世帯に飲料水を供給しています。
剣崎浄水場は、薬品を一切使わず何層もの砂利層の間をゆっくりとした速度(3~6m/日)でろ過をする 「緩速ろ過方式」 を採用しているため、おいしい水をつくることができます。
関連する土木技術者:

Rate this post

剣崎浄水場は高崎市剣崎町の高台に、1910年(明治43年)に創設された高崎市で最も古い浄水場です。
若田浄水場と同じく、高崎市上里見町の春日堰から取り入れた烏川の水を、緩速ろ過方式により浄化し、地形の高低差を利用した自然流下方式で給水しています。
出典:高崎市HP 剣崎浄水場icon

 

施設の状態:保存・展示
所在地:高崎市検崎町1317-1
アクセス:高崎市剣崎町1317-1
見学方法(開館時間、入館料等):通常平日は午前9時より午後4時まででしたら施設見学ができますので、ご来場をお待ちしております 。
注意:工事等により見学できないこともあります。そのため事前に下記施設へ問い合せをしてからの見学をお願いします。
高崎市高松町35番地1(高崎市水道局浄水課)027-321-1286

周辺情報

周辺の歴史スポット

    周辺の観光スポット

      周辺の宿泊・温泉

        口コミ・写真

        剣崎浄水場の平均評価
        Rate this post

        レビューを投稿する

         

        Optionally add an image (JPEG only)

        社会科見学

        プロのみどころポイント

        技術的特徴

        原水:表流水(利根川水系烏川)
        浄水方式:緩速ろ過方式
        計画給水能力(平成17年現在):5,500m2/日
        配水方式:自然流下方式

        その他