TOP > 関東 > 黒川発電所膳棚水路橋

黒川発電所膳棚水路橋

くろかわはつでんしょぜんだなすいろきょう;

基本情報

丈夫で美しい水路橋

拡大写真
  • 黒川発電所膳棚水路橋
  • 黒川発電所膳棚水路橋
  • 黒川発電所膳棚水路橋
  • 黒川発電所膳棚水路橋

クリックして
画像を拡大

施設データ

分類:道路・橋梁
建設年:1921年(大正10年)
建設の背景(由来・ストーリー):この膳棚水路橋はRCラーメン構造で、大正期におけるRCラーメンは希少であり、かつ大正期における同構造形式の発電用水路橋はわが国では唯一のものと思われます。また、3本橋脚にX字型に筋交いの入ったRC橋脚も極めて特殊な構造であり、技術性および意匠性にも優れています。X字型筋交いの入った3本のRC橋脚と水路側壁を支える三角バットレス群が長さ100.6mにわたって連続する景観は圧巻で、造形美に富んでいます。

出典:関東の土木遺産icon
施設の役割:発電所に水を運ぶための橋
関連する土木技術者:

Rate this post

黒川発電所膳棚水路橋は、大正10年(1921)に東京電力㈱の前身である塩那電気㈱により黒川発電所の導水路水路橋として建設されました。導水路は延長約5.1kmで大部分がトンネルですが、那須町稲沢の区間は平地部のため、地上から約4.5mの位置に水路橋を設けています。
施工は三井住友建設㈱の前身である勝呂組が担当しました。平成10年(1998)8月26日の台風4号による未曾有の豪雨により、黒川発電所の2つの取水設備は壊滅的被害を受けましたが、この水路橋は磐石でした。今も、悠久の時を刻むかのように、静かに水音を奏でています。
黒川発電所膳棚水路橋は、大正期のRCラーメンで希少性に富み、かつX字型に筋交いの入った3本橋脚は技術・意匠に優れ、独創的な造形美を呈しているものとして、平成20年度土木学会選奨土木遺産に選ばれました。

 

施設の状態:供用中
所在地:栃木県那須郡那須町
アクセス:
見学方法(開館時間、入館料等):

周辺情報

周辺の歴史スポット

    周辺の観光スポット

      周辺の宿泊・温泉

        口コミ・写真

        黒川発電所膳棚水路橋の平均評価
        Rate this post

        レビューを投稿する

         

        Optionally add an image (JPEG only)

        社会科見学

        プロのみどころポイント

        技術的特徴

        所在地: 栃木県那須郡那須町
        竣工年: 大正10年
        構造形式等: RCラーメン(RC橋脚)
        橋長100.6m(スパン6.06m×16G)
        授賞理由:  大正期のRCラーメンで希少性に富み、また、X字型に筋交いの入った3本橋脚は技術および意匠性に優れ、独創的な造形美を呈している。
        管理者: 東京電力株式会社

        その他