TOP > 関東 > 宇都宮市水道施設群 (今市浄水場、第六号接合井、戸祭配水場)

宇都宮市水道施設群 (今市浄水場、第六号接合井、戸祭配水場)

うつのみやしすいどうしせつぐん

基本情報

煉瓦づくりの現役水道施設

拡大写真
  • 宇都宮市水道施設群 (今市浄水場、第六号接合井、戸祭配水場)
  • 宇都宮市水道施設群 (今市浄水場、第六号接合井、戸祭配水場)
  • 宇都宮市水道施設群 (今市浄水場、第六号接合井、戸祭配水場)
  • 宇都宮市水道施設群 (今市浄水場、第六号接合井、戸祭配水場)

クリックして
画像を拡大

施設データ

分類:上・下水道
建設年:1916年(大正5年)
建設の背景(由来・ストーリー):地元に水道敷設を求める声は早くからありました。1885年(明治18年)には地元有志により「水道敷設方法書」が役場に提出されていますが、財政上時期尚早とされ、計画はいったん頓挫しています。それから20年以上を経た1906年(明治39年)に水道敷設が議決されますが、その前年に師団設置の意見書が栃木県議会によって提出され、水道議決翌年の1907年(明治40年)に第十四師団の宇都宮衛戍が決定しています。師団設置に対する近代上水道整備の意義は大きかったと推察されます。
長い水道史のうちには、1949年(昭和24年)の今市地震で、今市浄水場の導水、送水などの重要施設が壊滅的被害を受け、また1945年(昭和20年)7月第二次世界大戦の戦災を受け、水道庁舎をはじめ市内給水施設全般にわたり大きな被害を受けた歴史があります。
施設の役割:日光市中宮祠の中禅寺湖から華厳の滝、大谷川を流れ、所野第三発電所を経由した水を、円筒分水井より最大14,400㎥/日を取水ししています。今市浄水場では、緩速ろ過方式によりろ過した浄水を、高低差を利用した自然流下方式で石那田配水場へ送水しています。戸祭配水場は、現在では今市浄水場からは送水されておらず、松田新田浄水場から自然流下方式で旧配水池をポンプ井(調整池)として使用しています。


関連する土木技術者:<第六号接合井>基本設計は吉原重長、工事担当は西出辰次郎

Rate this post

今市浄水場は、日光街道に面した今市市瀬川(現日光市)に、浄水能力10,000㎥/日として建設されました。1913年(大正2年) 11月に着工し1916年(大正5年) 3月に給水を開始した、日本では31番目に古い施設です。創設当時は中禅寺湖に水源補給の補水口を設け、今市町瀬川地先から取水し、浄水場を経て戸祭配水場に送水していました。旧管理棟は赤い半切妻屋根の白い木造の洋館で、宇都宮市水道のシンボルとなっています。現在は、水道資料館として使われています。
第六号接合井は、今市浄水場から戸祭配水場まで埋設された26㎞、高低差が240mもある送水管の水圧を弱めるため、途中6ヶ所に設けられた接合井の1つです。このうち、第一接合井から第五接合井までは上屋の改築をしましたが、第六接合井は創設当時の姿を今も残しています。
戸祭配水場は、宇都宮市の水道創設当時からの施設で、現在も現役で稼動しています。配水池の側面は、艶のあるやや黒味がかった煉瓦で組成されています。全体をフランス積みで組成し、5段の竪積みによる12連のアーチが連続する景観は圧巻であり、創設に携わった当時の技術者の高い美意識とともに、近代の精華が息づいています。

出典:関東の土木遺産icon

 

施設の状態:供用中
所在地:
<今市浄水場>栃木県日光市瀬川1334-1
<第六号接合井>栃木県宇都宮市上金井町635-3
<戸祭配水場>栃木県宇都宮市中戸祭町2841-2
アクセス:
<今市浄水場>東武日光線上今市より徒歩
<第六号接合井>JR宇都宮駅西口よりバス
<戸祭配水場>JR宇都宮駅西口よりバス
見学方法(開館時間、入館料等):<今市浄水場>月曜日から金曜日(祝祭日除く) 9時から16時30分
事前連絡必要 連絡先TEL:0288-21-0158

周辺情報

周辺の歴史スポット

    周辺の観光スポット

      周辺の宿泊・温泉

        口コミ・写真

        宇都宮市水道施設群 (今市浄水場、第六号接合井、戸祭配水場)の平均評価
        Rate this post

        レビューを投稿する

         

        Optionally add an image (JPEG only)

        社会科見学

        プロのみどころポイント

        技術的特徴

        <今市浄水場> 用途:上水道、浄水場 規模:沈殿池 コンクリートブロック造、有効容量 5,000㎥×2池     緩速ろ過池 コンクリートブロック造、ろ過面積 944㎡×3池、ろ過面積 1,160㎡×1池 最大取水量:14,400㎥/日 最大給水量:14,000㎥/日 <戸祭配水場> 用途:上水道、配水場
        規模:高架水槽 水槽の高さ39.6m、水槽内径13.4m、全水深29.5m、全容量4,100㎥
        調整池(旧配水池):3,900㎥×2池
        計画給水人口:17,000人
        一日最大給水量:10,030㎥


        出典:宇都宮市上下水道HP

        その他