TOP > 関東 > 秦野中央運動公園

秦野中央運動公園

はだのちゅうおううんどうこうえん

基本情報

運動公園と水無川の河床整備とあわせたアメニティ空間

拡大写真
  • 秦野中央運動公園
  • 秦野中央運動公園
  • 秦野中央運動公園
  • 秦野中央運動公園

クリックして
画像を拡大

施設データ

分類:公園
建設年:1969年(昭和44年)に都市計画決定
建設の背景(由来・ストーリー):1969年(昭和44年)に陸上競技場や野球場を含む面積約10.4haの運動公園として都市計画決定されました。その後、総合体育館の整備などを含めて面積の拡大が行われています。
秦野市地域防災計画においては広域避難場所に位置づけられています。
2011年(平成23年)の都市計画変更により、誰もが親しむことが出来るニュースポーツ広場、駐車場、園路及び緑地等の一体的な再編整備が行われました。また、文化会館を含む公園施設の管理を一元化し利便性と災害時対策機能の向上が図られました。

出典:秦野市HPicon

施設の役割:野球場、テニスコート、陸上競技場、市民プール、中央こども公園が併設されており、市民のスポーツ振興に資する公園です。
地震災害から市民の安全を確保するための広域避難場所にもなっています。

出典:秦野市HPicon
関連する土木技術者:

Rate this post

秦野市内を流れる水無川中流域右岸にある約17.7haの運動公園で、日本の都市公園100選の一つです。
野球場、テニスコート、陸上競技場、プール、中央こども公園があり、市民のスポーツ振興に資する他、秦野市地域防災計画においては広域避難場所に位置づけられています。また、脇を流れる2級河川「水無川」の河床整備により約1㎞に渡って桜が植栽されており、開花時期には色鮮やかなピンク色の帯となります。夜間にはライトアップも行われます。
平成23年の都市計画変更により、誰もが親しむことが出来るニュースポーツ広場、駐車場、園路及び緑地等の一体的な再編整備が行われました。また、文化会館を含む公園施設の管理を一元化し利便性と災害時対策機能の向上が図られました。
※2級河川:都道府県が管理する河川

 

施設の状態:供用中
所在地:神奈川県秦野市平沢148
アクセス:小田急線秦野駅からバスで約8分
見学方法(開館時間、入館料等):開園時間:8:00~22:00
休園日:12月29~1月3日

周辺情報

周辺の歴史スポット

    周辺の観光スポット

      周辺の宿泊・温泉

        口コミ・写真

        秦野中央運動公園の平均評価
        Rate this post

        レビューを投稿する

         

        Optionally add an image (JPEG only)

        社会科見学

        プロのみどころポイント

        技術的特徴

        公園の脇を流れる水無川は整備が進められており、約1㎞に渡って桜が植栽されており、開花時期には色鮮やかなピンク色の帯となっています。夜間にはライトアップも行われます。
        出典:秦野市観光協会HP

        その他

        出典:秦野市観光協会HP