TOP > 関東 > 東高根森林公園

東高根森林公園

ひがしたかねしんりんこうえん

基本情報

多摩丘陵の懐かしくも美しい自然を今に伝える公園

拡大写真
  • 東高根森林公園
  • 東高根森林公園
  • 東高根森林公園
  • 東高根森林公園

クリックして
画像を拡大

施設データ

分類:公園
建設年:1978年(昭和53年)
建設の背景(由来・ストーリー):1968年(昭和43年)頃、現在の公園付近において宅地造成計画があり調査したところ、計画地の一部に遺跡が眠っていること(現在は古代芝生広場として利用されています)、更にその周囲をとりまくシラカシ林に学術的価値が認められることが判明しました。
これらの文化的遺産及び自然を保存するため、神奈川県教育委員会は1971年(昭和46年)12月に遺跡を県指定史跡に、シラカシ林を天然記念物にそれぞれ指定されました。
その後、1973年(昭和48年)から周辺一体を県立都市公園として整備し、1978年(昭和53年)4月に開園しました。
施設の役割:神奈川県立都市公園は、県土の水と緑のネットワークの核として、また、県内の都市公園のモデルとして位置づけられるものであり、良好な都市環境の形成、スポーツや文化活動など多様なレクリエーションの場、自然とのふれあいや憩いの場、健康増進や福祉活動の場、地域の防災機能の向上など、その立地特性等に応じた多彩な役割を担っています。
関連する土木技術者:

Rate this post

神奈川立東高根森林公園は、川崎市のほぼ中央部に位置する、多摩丘陵の懐かしくも美しい自然を今に伝える公園です。
古代芝生広場には弥生時代後期(3世紀頃)から古墳時代後期(6世紀頃)にかけて営まれた集落が埋蔵されています。この遺跡は昭和40年代の住宅地の開発によって発見されました。その後の調査では約60軒の竪穴住居跡が確認され、広場全域では約100~150軒の竪穴住居跡があると推定されています。神奈川県はこの貴重な遺跡とその周囲に広がるシラカシ林を保護するために、昭和46年12月、東高根遺跡(1.3ha)を神奈川県指定史跡に、東高根のシラカシ林(2.9ha)を県指定天然記念物に指定しました。一方、これら文化財を含む周囲を一体として県立都市公園として整備することになり、1973年度(昭和48年度)から工事に着手しました。今では、この豊かな自然をより身近に感じることができるようにと、東高根森林フォーラムの方々による自然観察会が行われています。
また、古代植物園では、縄文時代から平安時代の衣・食・住にかかわってきた主な植物84種が見られます。この古代植物園には日本文化と植物のかかわりあいを知ることができるよう、食料・衣料・染料・建物・薬・木製品・親しまれた植物の7つの部門に分類して、それぞれに代表的植物を植栽してあります。
なお、当公園は神奈川県・川崎市の広域避難場所、川崎市の臨時給水所に指定されています。

 

施設の状態:供用中
所在地:神奈川県川崎市宮前区神木本町2-10-1
アクセス:徒歩
「久地駅」から徒歩で緑ヶ丘霊園を通って当公園北口まで約20分(1.5Km)となります。

電車とバス
「溝ノ口駅」から
JR南武線、田園都市線「溝の口駅」南口より、川崎市営バス(溝15・16・17・18・19系統)に乗車いただき「森林公園前」で下車してください。バス進行方向に約30m先(徒歩約3分)の右側となります。

「向ヶ丘遊園駅」から
小田急線「向ヶ丘遊園駅」東口より、川崎市営バス(溝19系統)に乗車いただき「神木本町」で下車してください。徒歩約5分となります。

「登戸駅」から
JR南武線、小田急線「登戸駅」より川崎市営バス(登05・06)に乗車いただき「神木本町」で下車してください。徒歩約5分となります。

自動車
国道246号を東京方面より梶ヶ谷交差点を右折、神木本町交差点右折で500m先の左側となります。

東名川崎インターチェンジ出口左折後、犬蔵交差点右折。平5丁目右折後、平交差点右折、神木本町交差点直進で約500m先の左側となります。



見学方法(開館時間、入館料等):終日開放
(※祝祭日駐車場有料期間あり)
出典:県立東高根森林公園ホームページ

周辺情報

周辺の歴史スポット

    周辺の観光スポット

      周辺の宿泊・温泉

        社会科見学

        プロのみどころポイント

        技術的特徴

        その他