TOP > 関東 > 代々木公園

代々木公園

よよぎこうえん

基本情報

大都会の水と森の憩いの公園

拡大写真
  • 代々木公園
  • 代々木公園
  • 代々木公園
  • 代々木公園

クリックして
画像を拡大

施設データ

分類:公園
建設年:1967年(昭和42年)開園
建設の背景(由来・ストーリー):代々木公園の所在地は、かつて「代々木の原」と呼ばれた大日本帝国陸軍の代々木練兵場であった。これが第二次世界大戦での日本の敗戦後には占領アメリカ軍施設・ワシントンハイツとなり、1964(昭和39年)の東京オリンピックで代々木選手村として使用された後に再整備され、1967(昭和42年)に代々木公園として開園しました。
施設の役割:・貴重な自然空間、レクレーション空間として利用
・都心におけるスポーツの中心

関連する土木技術者:池原 謙一郎 代々木公園設計者選定コンペティションに応募。1等は無しで2等に入選。基本構想の原案として採用される。

Rate this post

新宿、渋谷、原宿の間に位置し、道路を挟んで森林公園としてのA地区と、それとは対照的な陸上競技場、野外ステージなどを備えたB地区とに分かれています。
東京オリンピックの選手村を経て公園となり、開園当時の木々も成長し、隣接する明治神宮の木々とともに緑濃い森を作っています。
平成2年5月には、高さ15m~30mに及ぶ大小3基の噴水や水回廊をもつ水景施設が完成し、”水と緑”に恵まれた公園として利用されています。

出典:東京都公園協会
icon

 

施設の状態:供用中
所在地:渋谷区代々木神園町、神南二丁目
アクセス:JR「原宿」・東京メトロ千代田線「代々木公園」下車 徒歩3分
見学方法(開館時間、入館料等):常時入園可能

周辺情報

周辺の歴史スポット

    周辺の観光スポット

      周辺の宿泊・温泉

        口コミ・写真

        代々木公園の平均評価
        Rate this post

        レビューを投稿する

         

        Optionally add an image (JPEG only)

        社会科見学

        プロのみどころポイント

        技術的特徴

        ・道路により区分された2地区を結ぶペデストリアンデッキの整備
        ・森林公園という自然的性格の中に、人工的なペデストリアンデッキ(高架式遊歩道:長さ145m、幅6m、高さ6m)を通って利用者が公園に入る形式で、眺望に最適の場所です。日本初の試みでその後各地に建設されています。

        その他

        出典:東京都公園協会