TOP > 関東 > 東京都立上野恩賜公園

東京都立上野恩賜公園

とうきょうとりつうえのおんしこうえん

基本情報

多様な歴史・文化・芸術を世界に発信する公園

拡大写真
  • 東京都立上野恩賜公園
  • 東京都立上野恩賜公園
  • 東京都立上野恩賜公園
  • 東京都立上野恩賜公園

クリックして
画像を拡大

施設データ

分類:公園
建設年:1876年(明治9年)開園
建設の背景(由来・ストーリー):1873(明治6)年の太政官布達によって、芝、浅草、深川、飛鳥山と共に、 日本で初めて公園に指定されました。
江戸時代、東叡山寛永寺の境内地で、明治維新後官有地となり、大正13年に宮内省を経て東京市に下賜され「恩賜」の名称が付きました。
当初は、寛永寺社殿と霊廟、東照宮に境内の桜を中心にした公園でしたが、その後、博物館や動物園、美術館などの多様な文化施設が集積されました。
施設の役割:貴重な自然空間、レクレーション空間として利用され、
多様な資源を活かし、文化・芸術・歴史、水とみどりを体感できる空間であり、また、「文化の森」として東京都・台東区のシンボルとなっています。

関連する土木技術者:井下清:恩賜上野動物園の整備

Rate this post

日本で初めて公園に指定された公園で、桜、蓮の名所です。
明治以降、博覧会の開催地となり、それに伴い近代的施設が次々に建設され、博物館や美術館として流用されています。
また、文部省用地を兼ねていたことから、東京美術大学・音楽学校が開校しました。
1924年(大正13年)に、宮内省を経て東京市に下賜され、「恩寵上野公園」となりました。
現在、恩寵上野動物園、国立科学博物館、東京都美術館、上野の森美術館、上野東照宮等々のある公園として利用されています。

 

施設の状態:供用中
所在地:東京都台東区上野公園・池之端三丁目
アクセス:JR・地下鉄銀座線・日比谷線「上野」下車徒歩2分

大江戸線「上野御徒町」下車徒歩5分

京成線「京成上野」下車徒歩1分 駐車場(有料)
見学方法(開館時間、入館料等):開園時間  午前5時~午後11時(時間外は立入禁止)12月29日~1月3日 事務所業務休止

各施設は、開園時間・入館料は異なる。

周辺情報

周辺の歴史スポット

    周辺の観光スポット

      周辺の宿泊・温泉

        口コミ・写真

        東京都立上野恩賜公園の平均評価
        Rate this post

        レビューを投稿する

         

        Optionally add an image (JPEG only)

        社会科見学

        プロのみどころポイント

        技術的特徴

        公園内に、博物館や動物園、美術館など、多様な施設が建築されています。

        その他