TOP > 関東 > 荒川横堤

荒川横堤

あらわかわよこてい

基本情報

行き止まりの堤防

拡大写真
  • 荒川横堤
  • 荒川横堤
  • 荒川横堤
  • 荒川横堤

クリックして
画像を拡大

施設データ

分類:河川
建設年:1934年(昭和9年)
建設の背景(由来・ストーリー):蛇行していた川の直線化と、堤防の設置により遊水機能が低下しました。それを補うために比較的川幅の広いところに横堤が設置されました。
施設の役割:横堤は洪水の流れを安定させると同時に、高水敷に溢れた洪水を横堤間に留めることで下流の地域を浸水から守る役割があります。
荒川の中流域では、点在していた大きな雑木林が洪水の流れを緩和し、土砂や流木を抑えて、集落や耕地への被害を軽減する効果があることから、横堤の原型になったといわれています。

icon
関連する土木技術者:

Rate this post

川幅の広い荒川では洪水の流れを安定させると同時に、遊水機能(洪水を留める)を持っています。
大規模な横堤は荒川独特のものです。

 

施設の状態:供用中
所在地:埼玉県比企郡吉見町 埼玉県さいたま市 埼玉県戸田市
アクセス:
見学方法(開館時間、入館料等):

周辺情報

周辺の歴史スポット

    周辺の観光スポット

      周辺の宿泊・温泉

        口コミ・写真

        荒川横堤の平均評価
        Rate this post

        レビューを投稿する

         

        Optionally add an image (JPEG only)

        社会科見学

        プロのみどころポイント

        技術的特徴

        その他

        国土交通省関東地方整備局