TOP > 関東 > 竜神ダム(りゅうじんだむ)

竜神ダム(りゅうじんだむ)

りゅうじんだむ

基本情報

ダム湖の水面から約100mの高さに竜神大吊り橋がかかっており、上からダム湖を見下ろす事のできる珍しいダム。

拡大写真
  • 竜神ダム(りゅうじんだむ)
  • 竜神ダム(りゅうじんだむ)
  • 竜神ダム(りゅうじんだむ)
  • 竜神ダム(りゅうじんだむ)

クリックして
画像を拡大

施設データ

分類:河川
建設年:1973年(昭和48年)~1979年(昭和54年)
建設の背景(由来・ストーリー):
久慈川水系山田川流域の常陸太田市及び日立市は宅地及び工業開発が急速に進み、給水人口の急激な増加を背景として1958年(昭和33年)以降たびたび渇水に見舞われてきました。竜神ダムの完成により、山田川沿川の農地への補給も含め、安定した水の供給が可能となりました。
山田川流域では1964年(昭和39年)、1965年(昭和40年)、1966年(昭和41年)、1970年(昭和45年)と連続して被災しており、これら洪水被害の対策として竜神ダムを建設しました。
竜神ダムの完成により洪水の最大流量が低減され、下流沿川の浸水被害を防止しています。
出典:国土交通省(観光社会資本の事例集について)icon
施設の役割:台風や大雨のとき、ダムに水を貯めて下流の洪水の軽減を図り、50年に1回の確率で起こる洪水を予想し計画されています。
川の水量が多いときにダムに貯めた水を都市用水(水道用水・工業用水)や農業用水に利用しています。また、渇水対策や動植物の保全をはかる環境対策として、年間を通して安定した河川の流れを保っています。
出典:那珂水系ダム建設事務所icon                                                                                                            
関連する土木技術者:

Rate this post

ダム湖の水面から約100mの高さに竜神大吊り橋がかかっており、上からダム湖を見下ろす事のできる珍しいダムです。
また、ダム湖は切り立った渓谷の地形により細長く、曲がりくねった特徴ある形となっており、春の新緑、秋の紅葉の時季には美しい景観が楽しめます。
出典:茨城県土木部icon 

 

施設の状態:供用中
所在地:茨城県常陸太田市下高倉
アクセス:JR水郡線常:陸太田駅から、茨城交通バス下高倉大子行で約46分、竜神ダム入口下車(徒歩5分)
車:常磐自動車道那珂IC又は常陸南太田ICから約40分
見学方法(開館時間、入館料等):開館時間・入館料 なし

周辺情報

周辺の歴史スポット

    周辺の観光スポット

      周辺の宿泊・温泉

        口コミ・写真

        竜神ダム(りゅうじんだむ)の平均評価
        Rate this post

        レビューを投稿する

         

        Optionally add an image (JPEG only)

        社会科見学

        プロのみどころポイント

        技術的特徴

        重力式コンクリートダム※



        ※ダムには、構造から重力式ダムやアーチ式ダムなどがあり、材料からコンクリートダムやアースダム、ロックフィルダムなどに分けられています。

        その他

        出典: