TOP > 関東 > おゆみ野駅駅舎・駅前広場景観設計

おゆみ野駅駅舎・駅前広場景観設計

おゆみのえきえきしゃ・えきまえひろばけいかんせっけい

基本情報

地域の品格を形成する

拡大写真
  • おゆみ野駅駅舎・駅前広場景観設計
  • おゆみ野駅駅舎・駅前広場景観設計
  • おゆみ野駅駅舎・駅前広場景観設計
  • おゆみ野駅駅舎・駅前広場景観設計

クリックして
画像を拡大

施設データ

分類:鉄道
建設年:1996
建設の背景(由来・ストーリー):
1995年(平成7年)4月1日 - 千葉急行電鉄の駅として開業。
1998年(平成10年)10月1日 - 千葉急行電鉄の京成電鉄への事業譲渡により、京成電鉄の駅となりました。

施設の役割:将来の複線化にも対応できる設計となっています。icon

駅前広場に連続して、その正面の商業・業務街区の中央に軸となる歩行者空間を配置した空間構成が評価されます。また、両者の連続性を訴えかけるために、舗装パターン、照明、植栽等を一体的なものとしている点も空間構成に対応した景観形成への取り組みとして好感が持たれています。開発地に人口が集積し、歩行者軸に沿って商業・業務施設等が立地し、設計意図に沿って駅前広場一帯に賑わいが醸成されることが期待されています。
出典:icon
関連する土木技術者:沢健(株式会社GKデザイン機構)
印南比呂志(GK設計建築設計部建築設計室室長(当時)
印南総合計画(現))
小林信夫(GK設計建築設計部建築設計室室員(当時)
KOBAYASHI DESIGN(現))

出典:土木学会デザイン賞2002

Rate this post

おゆみ野周辺環境整備は千葉市東南部のニュータウン開発にともなう新線京成電鉄千原線おゆみ野駅駅舎と駅前広場一体的な空間デザインとなっています。
まちが熟成するまで殺風景になりがちな駅前周辺を、完成当初から地域の顔としての品格を形成するため、駅上屋や広場と統一的なデザインによるゲート的な構造物を整備することを提案し、実現しています。
出典:株式会社GK設計icon

 

施設の状態:供用中
所在地:千葉県千葉市緑区おゆみ野南
アクセス:おゆみ野駅
見学方法(開館時間、入館料等):

周辺情報

周辺の歴史スポット

    周辺の観光スポット

      周辺の宿泊・温泉

        口コミ・写真

        おゆみ野駅駅舎・駅前広場景観設計の平均評価
        Rate this post

        レビューを投稿する

         

        Optionally add an image (JPEG only)

        社会科見学

        プロのみどころポイント

        技術的特徴

        単式ホーム1面1線を使用する高架駅。
        相対式ホーム2面2線の高架駅として建設されており、将来の複線化に対応可能な構造です。開業以来1番線が未使用となっており、2番線のみを供用しています。
        wikipedia

        その他