TOP > 関東 > 小田急小田原線小田原駅

小田急小田原線小田原駅

おだきゅうおだわらせんおだわらえき

基本情報

大らかな空間と何処にもない小田原らしさの追求

拡大写真
  • 小田急小田原線小田原駅
  • 小田急小田原線小田原駅
  • 小田急小田原線小田原駅
  • 小田急小田原線小田原駅

クリックして
画像を拡大

施設データ

分類:鉄道
建設年:2004年(平成16年)
建設の背景(由来・ストーリー):小田原市が主体となって進められた小田原駅東西連絡通路整備事業の構想に伴って、自由通路を2階部分に設置し、地上駅を橋上駅にすることになり、交通結節点としてのターミナル機能の分担と相互の連携及び鉄道利用者や地元住民の安全性、利便性の一層の向上を基本とし整備された。
施設の役割:小田原駅は小田急にとって社名の由来の駅であり.「起源の駅」と言っても過言ではない。また、城下町の古い歴史を背景にした市街地の中心的存在となる当駅は、小田急にとっても箱根への玄関口として、シンボルとなることが望まれる駅でもある。
関連する土木技術者:企業者:小田急電鉄株式会社
設計者:株式会社トーニチコンサルタント
株式会社小田急設計コンサルタント
中山卓郎アトリエ一級建築士事務所
株式会社TIS&PARTNERS



出典:土木学会デザイン賞 作品選集 2008

Rate this post

小田原は小田急電鉄にとって社名の由来の駅であり.「起源の駅」である。

敷地面積:6,944.87㎡
建築面積:3,280.75(建築確認申請上1,155.13)㎡
地上階数:2階
地上階延床面積:3,546.55(建築確認申請上1,391.65)㎡
平均利用者数:64,246人/日
         234,491,790人/年

受賞歴:土木学会デザイン賞 2008 奨励賞
     

 

施設の状態:供用中
所在地:神奈川県小田原市城山1-1-1
アクセス:
見学方法(開館時間、入館料等):---

周辺情報

周辺の歴史スポット

    周辺の観光スポット

      周辺の宿泊・温泉

        口コミ・写真

        小田急小田原線小田原駅の平均評価
        Rate this post

        レビューを投稿する

         

        Optionally add an image (JPEG only)

        社会科見学

        プロのみどころポイント

        技術的特徴

        橋上化されることによリ、駅本屋は乗降場の上に創られ、両サイドにはJR東海道本線とJR東海道新幹線とに挟まれた形となり、駅本屋のファサードの見えない、つまり顔を持たない駅となった。
        駅本屋と乗降場をひとつの大きな空間で包むことで、乗降場のトレーンシェッドと、駅コンコースからの案内性の良い連続する空間を実現した。

        その他