TOP > 関東 > 中央線東京駅付近高架橋

中央線東京駅付近高架橋

ちゅうおうせんとうきょうえきふきんこうかきょう

基本情報

都市内鉄道高架橋に対するイメージを一変させる意欲的なデザイン

拡大写真
  • 中央線東京駅付近高架橋
  • 中央線東京駅付近高架橋
  • 中央線東京駅付近高架橋
  • 中央線東京駅付近高架橋

クリックして
画像を拡大

施設データ

分類:鉄道
建設年:
建設の背景(由来・ストーリー):
施設の役割:旅客輸送
関連する土木技術者:設計:日本旅客鉄道株式会社東京工事事務所
東京大学 篠原修教授(コンセプト、意匠形成)
株式会社MIA建築デザイン研究所(コンセプト、意匠提案)
出典:建設コンサルタンツ協会HP
土木学会HP

Rate this post

東京と神田駅間における東日本旅客鉄道中央線の高架橋である。

土木学会デザイン賞 2001 最優秀賞
icon

 

施設の状態:供用中
所在地:東京都千代田区丸の内1丁目
アクセス:東京駅丸の内北口より徒歩3分
見学方法(開館時間、入館料等):---

周辺情報

周辺の歴史スポット

    周辺の観光スポット

      周辺の宿泊・温泉

        口コミ・写真

        中央線東京駅付近高架橋の平均評価
        Rate this post

        レビューを投稿する

         

        Optionally add an image (JPEG only)

        社会科見学

        プロのみどころポイント

        技術的特徴

        都市側を緑青色の円形鋼管柱、鉄道側をコンクリート柱の非対称にし、中間梁をなくした橋脚は、構造物と歩道との軸線のズレを視覚的に解消するのに役だっているだけでなく、都市空間と鉄道空間の融合に大きく寄与している。

        その他