TOP > 関東 > 草木湖(草木ダム)

草木湖(草木ダム)

やなぎはらすいこう

基本情報

自然豊かな草木湖を創出する、堤長400m堤高140mの雄大な重力式ダム

拡大写真
  • 草木湖(草木ダム)
  • 草木湖(草木ダム)
  • 草木湖(草木ダム)
  • 草木湖(草木ダム)

クリックして
画像を拡大

施設データ

分類:河川
建設年:1973~1977年(昭和48~52年)
建設の背景(由来・ストーリー):1947年(昭和22年)のカスリーン台風をきっかけに利根川水系では根本的治水計画の再検討がなされ、その結果として1958年(昭和33年)に建設省(現国土交通省)は、神戸ダム(後に草木ダムと改名)の予備調査に着手しました。その後、1965年(昭和40年)に急増する水需要に対応するため、水資源開発基本計画に神戸ダムが掲上され、建設省から水資源開発公団(現水資源機構)に事業が継承されました。1967年(昭和42年)から本 格的に建設事業に着手し、補償問題、建設反対運動、足尾銅山の鉱毒対策、物価の上昇など様々な難問題に直面しながら建設が進められました。約10年後の1977年(昭和52年)3月、 総工費約500億円の費用をかけ、草木ダムは完成しました。

出典:水資源機構草木ダムHPicon
施設の役割:【洪水調節】
1947年(昭和22年)にカスリーン台風が上陸し、多数の被害が出ました。渡良瀬川流域は利根川流域のおよそ1/3である709名にも及ぶ死者・行方不明者を出しました。草木ダムは、 このような洪水に対して渡良瀬川の洪水被害を軽減させる役割を担っています。
【河川の流水の正常な機能の維持】
本来河川がもっている舟運、漁業、観光、地下水の維持、水環境の保全、既得用水の確保などの機能を年間をとおして保つため、水の少ないときにダムに貯めた水を流しています。
【新規利水】
雨などにより川の水が多い時にダムに貯めた水を、農業用水、工業用水、水道用水に利用しています。
【発電】
ダムからの放流は、通常、群馬県営の4発電所(東、東第二、小平、高津戸)を通じて下流に流しています。 水の落差エネルギーを利用して最大62,040kW、約2万世帯分の発電を行っています。

出典:水資源機構草木ダムHPicon
関連する土木技術者:特になし

草木湖(草木ダム) 4/5 (80%) 1 vote

草木ダムは、渡良瀬川沿岸の洪水防御と、主に都市部の工業・水道用水の確保、渡良瀬川沿岸地域の農業用水確保、水力発電を行うことを目的として建設された多目的ダムです。

出典:水資源機構草木ダムHPicon

 

施設の状態:供用中
所在地:群馬県みどり市東町座間先~東町草木先
アクセス:赤城I.C→大胡町→大間々町→黒保根町→草木ダム(約1時間30分)

高崎I.C→駒形町→赤堀町→大間々町→黒保根町→草木ダム(約1時間30分)
見学方法(開館時間、入館料等):外観は見学自由
ダム内部の見学は、1ヶ月前までに要予約(無料)

周辺情報

周辺の歴史スポット

    周辺の観光スポット

      周辺の宿泊・温泉

        口コミ・写真

        草木湖(草木ダム)の平均評価
        草木湖(草木ダム) 4/5 (80%) 1 vote

        レビューを投稿する

         

        Optionally add an image (JPEG only)

        社会科見学

        プロのみどころポイント

        技術的特徴

        ダムは堤高140mの重力式で、堤体コンクリート量は132万㎥に及ぶもので、その打設方法には苦心が払われ、ケーブルクレーンとトレッスル、ジブクレーンの併用方式が採用されています。また止水工事、堤体基礎地盤改良、断層処理等は特に慎重に施工をおこない、グラウト用ボーリングの延長は91,000mに及んでいます。
        ダムの建設された渡良瀬川の上流には鉱毒で問題になった足尾銅山があります。これから流出する銅イオン等の処理については特に留意され、選択取水設備、水質監視装置等特殊な工夫が払われています。

        出典:草木ダム工事誌

        その他


        出典:草木ダム工事誌