TOP > 関東 > 赤谷湖(相俣ダム)(あかやこ、あいまただむ)

赤谷湖(相俣ダム)(あかやこ、あいまただむ)

あかやこ(あいまただむ)

基本情報

赤谷湖は猿ヶ京温泉を控えた奥利根の景勝地

拡大写真
  • 赤谷湖(相俣ダム)(あかやこ、あいまただむ)
  • 赤谷湖(相俣ダム)(あかやこ、あいまただむ)
  • 赤谷湖(相俣ダム)(あかやこ、あいまただむ)
  • 赤谷湖(相俣ダム)(あかやこ、あいまただむ)

クリックして
画像を拡大

施設データ

分類:河川
建設年:1952年(昭和27年)~1959年(昭和34年)
建設の背景(由来・ストーリー):相俣ダムは、東京都をはじめとする首都圏の水がめ・利根川上流ダム群のひとつです。
1948年(昭和23年)よりダム建設のための予備調査が行われ、その後、事業は群馬県営の治水事業に移管され、補助ダム事業「赤谷川総合開発事業」として1952年(昭和27年)より建設が開始され、1956年(昭和31年)に本体は完成しました。
だが、試験湛水の段階で漏水が発生していることが判明したので、遮水処理を施した後、1959年(昭和34年)に完全に完成しました。
これ以降、建設省(現在は国土交通省)の直轄管理下に置かれ現在に至っています。
出典:ダム便覧icon
施設の役割:相俣ダムは洪水調節、河川環境の保全等のための流量の確保、発電を目的とした多目的ダムです。
出典:ダム湖百選icon
関連する土木技術者:(特記すべき土木技術者はいない)

Rate this post

ダムの型式は重力式コンクリートダムであり、堤高は67.0m、堤頂長は80.0m、堤体積は63,000㎥です。
赤谷湖は雄大な谷川連峰を望み、谷川岳登山口や苗場スキー場の経路にあたることから新緑や紅葉の季節には多くの観光客が訪れ、春先は桜の名所として知られています。また、赤谷湖の周辺には湖中堰、キャンプ場、遊歩道などが整備されています。
出典:ダム便覧icon、ダム湖百選icon

 

施設の状態:供用中
所在地:群馬県利根郡みなかみ町相俣(左岸)および須川(右岸)
アクセス:JR上越新幹線:上毛高原駅から約12㎞。バスで約30分
車:関越自動車道の月夜野ICから約13㎞(約20分)
見学方法(開館時間、入館料等):(見学施設なし)

周辺情報

周辺の歴史スポット

    周辺の観光スポット

      周辺の宿泊・温泉

        口コミ・写真

        赤谷湖(相俣ダム)(あかやこ、あいまただむ)の平均評価
        Rate this post

        レビューを投稿する

         

        Optionally add an image (JPEG only)

        社会科見学

        プロのみどころポイント

        技術的特徴

        相俣ダムは元々は群馬県の事業として建設が進められました。しかし、試験湛水中に左岸大地部から漏水があったため建設省(現在は国土交通省)に移管され、コンクリートで補強して漏水対策を行いました。
        出典:ダム便覧

        その他