TOP > 関東 > 小倉橋

小倉橋

おぐらばし

基本情報

相模川にかかる4径間のアーチが美しいRC橋

拡大写真
  • 小倉橋
  • 小倉橋
  • 小倉橋
  • 小倉橋

クリックして
画像を拡大

施設データ

分類:道路・橋梁
建設年:1938年(昭和13年)
建設の背景(由来・ストーリー):本橋の架橋位置は古くから大山道や津久井往還や水運など東西南北の交通の結節点でしたが、橋梁はなく、代わりに小倉の渡しが設置されていました。そのため、陸運の利便を向上させるため建設されました。
施設の役割:道路幅員が4.5mで渋滞の原因となっていたため、2004年に上流側に新小倉橋が建設されましたが、市民の生活道路として現在も供用中です。
関連する土木技術者:発注者:神奈川県
施工:神奈川県

Rate this post

鉄筋コンクリート開側無ヒンジアーチ

 

施設の状態:供用中
所在地:神奈川県相模原市緑区小倉
アクセス:(1)JR横浜線・相模線、京王線「橋本駅」から「三ヶ木(新小倉橋経由)」行きバス(橋03系統)、「宮原」下車、徒歩3分。
(2)JR横浜線・相模線、京王線「橋本駅」から「小沢」行きバス(橋05系統)、「小倉」下車、徒歩1分。
(3)JR横浜線・相模線、京王線「橋本駅」から「鳥居原ふれあいの館」行きバス(橋07系統)、「小倉」下車、徒歩1分。
見学方法(開館時間、入館料等):毎年夏に「小倉橋ライトアップ」を実施している。
(城山商工会:TEL042-782-3338)

周辺情報

周辺の歴史スポット

    周辺の観光スポット

      周辺の宿泊・温泉

        口コミ・写真

        小倉橋の平均評価
        Rate this post

        レビューを投稿する

         

        Optionally add an image (JPEG only)

        社会科見学

        プロのみどころポイント

        技術的特徴

        相模川にかかる最古の橋梁で、建設当時(1938年)は画期的な4径間アーチ構造を採用しています。

        その他

        出典:土木学会関東支部HP