TOP > 関東 > くじら橋

くじら橋

くじらばし

基本情報

橋の断面は曲線の舟底の形状をしており、桁高や幅員が3次元的に変化する世界的にもユニークなPC橋

拡大写真
  • くじら橋
  • くじら橋
  • くじら橋
  • くじら橋

クリックして
画像を拡大

施設データ

分類:道路・橋梁
建設年:1997年(平成9年)
建設の背景(由来・ストーリー):くじら橋は、住宅・都市整備公団が開発中の多摩ニュータウン東部に位置する稲城地区の稲城中央公園と第二公園を結ぶ歩道橋として建設されました。「くじら橋」という名前は、地元の小学生からの公募によって命名されました。橋の下部が、あたかもクジラの胴体を想像させる曲線部を醸し出していることから、まさにピッタリのネーミングと言えるでしょう。
出典:銭高組HPicon
施設の役割:日頃は、犬を連れて散歩する人、自転車に乗った中学生や地域の人々が行きかいます。橋がまたいでいる南多摩尾根幹線道路の交差点の名前も「くじら橋」となっており、すっかり地元に定着しています。また、夜になると、橋の両端が下からライトアップされ、橋体が白く浮かび上がります。付近には鯨の親子の石像もあり、見る者の目を楽しませてくれます。
出典:銭高組HPicon
関連する土木技術者:発注者:住宅・都市整備公団
設計:日本交通技術株式会社
施工:銭高組・地崎興業共同企業体

Rate this post

くじら橋は、橋の下部がすべて「曲面」で構成されており、その優美な姿から、一般的に重厚長大で無機質なイメージの強いコンクリート構造物と違い、繊細で洗練されたオブジェのような歩道橋です。完成以来、変わらぬ優雅さを漂わせています。橋の両脇にはツツジが植えてあり、幅員は16.8m~24.4mと比較的広く、ゆったりとしています。

形式:PC単径間固定式門形ラーメン橋
橋長:107m
支間:100.5m(本形式ではわが国最大)
幅員:24.4~16.8m

出典:銭高組HP

 

施設の状態:供用中
所在地:東京都稲城市長峰1丁目
アクセス:京王相模原線稲城駅より徒歩1分(稲城中央公園)
見学方法(開館時間、入館料等):供用中
夜間は、橋の両端が下からライトアップされ橋体が白く浮かび上がります。

周辺情報

周辺の歴史スポット

    周辺の観光スポット

      周辺の宿泊・温泉

        口コミ・写真

        くじら橋の平均評価
        Rate this post

        レビューを投稿する

         

        Optionally add an image (JPEG only)

        社会科見学

        プロのみどころポイント

        技術的特徴

        構造形式は、両端固定式のPC門形ラーメン橋であり、支間長100.5mは、本形式としてはこれまでにない大規模なものです。本橋は、ヒンジを持たない門形ラーメンと言う構造的性格から拘束度が強く。橋軸方向プレストレスや温度変化に対する不静定力が極めて大きく、特に支点部の大きな断面力が作用するという特徴を持っています。このため、フーチングを支間中央に寄せた他、橋脚からフーチングにかけて鉛直締めケーブルを配置したPC橋脚を採用しています。

        その他

        出典:プレストレストコンクリート会誌Vol.40、No.1、1998