TOP > 関東 > ならまた湖(奈良俣ダム)

ならまた湖(奈良俣ダム)

ならまたこ(ならまただむ)

基本情報

ロックフィルダムの中では圧巻の存在感

拡大写真
  • ならまた湖(奈良俣ダム)
  • ならまた湖(奈良俣ダム)
  • ならまた湖(奈良俣ダム)
  • ならまた湖(奈良俣ダム)

クリックして
画像を拡大

施設データ

分類:河川
建設年:1973年(昭和48年)~1990年(平成2年)
建設の背景(由来・ストーリー):1949年(昭和24年)の「利根川改訂改修計画」、1962年(昭和37年)の「利根川水系水資源開発基本計画」策定により、利根川水系には建設省関東地方建設局(現在は国土交通省関東地方整備局)と水資源開発公団(現在は独立行政法人水資源機構)により、利根川の洪水調節と首都圏の水がめとして、八木沢ダムや藤原ダム等が建設されました。
しかし、引き続く首都圏の人口増加と工業地域拡充は水需要をさらに逼迫させ、関東平野の農業技術発展と新規耕地拡大も農業用水の新たなる逼迫を招きました。
このため、水資源開発公団は「利根川水系水資源開発基本計画」の変更を行い、洞元湖に注ぐ楢俣川に奈良俣ダムを1973年(昭和48年)に建設着手、1990年(平成2年)に竣工しました。
出典:ダム便覧icon
施設の役割:奈良俣ダムは、洪水調整、河川環境の保全のための流量の確保、農業用水の供給、都市用水の確保、発電を目的とする多目的ダムです。
出典:ダム湖百選icon
関連する土木技術者:(特記すべき土木技術者はいない)

Rate this post

ダムの型式は中央土質遮水壁型ロックフィルダムであり、堤高は158.0m、堤頂長は520.0m、堤体積は13,100,000㎥です。現時点では、利根川水系のダムでは最も堤高が高いダムであり、全国の完成済みのロックフィルダムの中では、高瀬ダム(信濃川水系犀川、提高176m)、徳山ダム(木曽川水系揖斐川、提高161m)、に次ぐ、日本で3番目の高さを誇っています。
ならまた湖は、周辺に遊歩道や広場、サービスセンターや展望台、ダム資料館などが整備され、散策に最適です。また、秋には紅葉がならまた湖に映えて、美しい眺めです。
出典:ダム湖百選icon、ダム便覧icon

 

施設の状態:供用中
所在地:群馬県利根郡みなかみ町大字藤原字洗ノ沢(左岸)および奈良俣(右岸)
アクセス:JR上越新幹線:上毛高原駅から車で約60分
JR上越線:水上駅から車で約40分
車:関越自動車道の水上ICから約45分
見学方法(開館時間、入館料等):[奈良俣ダム資料館]
入場無料

周辺情報

周辺の歴史スポット

    周辺の観光スポット

      周辺の宿泊・温泉

        口コミ・写真

        ならまた湖(奈良俣ダム)の平均評価
        Rate this post

        レビューを投稿する

         

        Optionally add an image (JPEG only)

        社会科見学

        プロのみどころポイント

        技術的特徴

        堤体積は1,310万㎥。堤体積が日本一のダムだったが、2008年(平成20年)に徳山ダムが完成して第二位になりました。
        左岸に洪水吐があり、中央にローラーゲート、両側に自由越流堤が設けられており、下流から見ると目立っています。長い導流部を流下する水は、白い波紋を描き、美しい眺めです。
        出典:ダム便覧

        その他