TOP > 関東 > 氷川大橋

氷川大橋

ひかわおおはし

基本情報

日本百名橋(緑深い渓谷の中に大きく弧を描く万年橋)

拡大写真
  • 氷川大橋
  • 氷川大橋
  • 氷川大橋
  • 氷川大橋

クリックして
画像を拡大

施設データ

分類:道路・橋梁
建設年:1933年(昭和8年)
建設の背景(由来・ストーリー):青梅街道は甲州裏街道とも呼ばれ、大菩薩峠から甲府に越える険しい山道でした。比較的、谷が開けたところでは古くから何カ所か渡し場が設けられていましたが、流れが速いところでの架橋は困難であったため、川幅の狭いところを選び「投げ出し」工法によって、甲斐の猿橋のような刎橋(はねばし)形式の橋が架けられていました。「新編武蔵国風土記稿」や「武蔵名勝図会」の中で、現在の氷川大橋が架かる日原川の多摩川との合流点にもこの刎橋の記述や絵が描かれています。
氷川大橋が近代橋となったのは、ちょうど青梅街道が檜村集落までの拡張工事(幅員5.5m)が行われていた昭和8年になります。日原川を一跨ぎする部分には支間長50mのコンクリートアーチが使われ、側径間部は左右岸とも二層のコンクリートラーメンになっています。アーチのライズは12.5mとかなり大きく、川から橋面までの高さは30mほどにもなります。
また、近年になって地元産業の変化や観光の発展によって自動車交通が増加し、氷川大橋は交通上危険な状態となったため、昭和57年から足かけ4年をかけて拡幅工事が行われ、旧橋に連接して同形式のアーチ橋を架けて床版を一体化して、幅員12.4mの現在の橋となりました。橋の袂(たもと)には氷川神社があり、その脇には遊歩道がついていて、降りると橋を支えている新旧2つのアーチを見ることができます。

出典:松村 博著:日本百名橋:鹿島出版:p42-43:1998年(平成10年)
施設の役割:東京都西多摩郡奥多摩町氷川 付近の日原川に架かる道路橋(国道411号[青梅街道])です。
関連する土木技術者:事業主体:東京府
設計者:岩崎 二郎(東京府)
施工者:メラン材製作は東京鐵骨橋梁

出典:藤井郁夫編著『橋梁史年表 BC-1955』海洋架橋調査会発行

Rate this post

氷川大橋(ひかわおおはし)は、東京都西多摩郡奥多摩町の国道411号(青梅街道)が日原川を渡る橋で日本百名橋の1つです。
現在の橋(幅員6.3m)は1933年(昭和8年)に架けられ後、自動車交通の増大に伴う拡幅工事として、1982年(昭和57年)に連接して同形式のアーチ橋を架けて床版を一体化し、幅員12.4mの橋となりました。同時に橋面デザインに地域性を考慮して、高欄に「みつばつつじ」「やまどり」「わさび」をモチーフにしたデザインパネルがはめ込まれています。

出典:松村 博著:日本百名橋:鹿島出版:p42-43:1998年(平成10年)

 

施設の状態:供用中
所在地:東京都西多摩郡奥多摩町氷川 
アクセス:JR青梅線奥多摩駅より、徒歩3分
見学方法(開館時間、入館料等):供用中

周辺情報

周辺の歴史スポット

    周辺の観光スポット

      周辺の宿泊・温泉

        口コミ・写真

        氷川大橋の平均評価
        Rate this post

        レビューを投稿する

         

        Optionally add an image (JPEG only)

        社会科見学

        プロのみどころポイント

        技術的特徴

        (旧橋)
        橋長:83.9m
        幅員:6.3m
        総径間数/最大支間長:5/50.0m
        設計活荷重:三等橋
        総鋼重:114.0tf
        橋梁形式:メラン式上路固定オープンアーチ橋
        床版形式:
        下部工形式:半重力式橋台
        基礎形式:直接基礎
        架設工法:メラン材架設



        内務省土木試験所編 『本邦道路橋輯覧』 内務省土木試験所編(大正14,昭和3,10,14年発行)より

        出典:土木学会附属土木図書館

        出典:紅林 章央、前田 研一、伊東 孝:わが国における第二次世界大戦以前のコンクリートアーチ道路橋の変遷:JSCE 土木史研究論文集 Vol.24 2005年:p87:2005年(平成17年)

        その他

        内務省土木試験所編 『本邦道路橋輯覧』 内務省土木試験所編(大正14,昭和3,10,14年発行)より

        出典:土木学会附属土木図書館