TOP > 関東 > 奥利根湖(矢木沢ダム)

奥利根湖(矢木沢ダム)

おくとねこ(やぎさわだむ)

基本情報

利根川水系を代表するシンボル的ダム

拡大写真
  • 奥利根湖(矢木沢ダム)
  • 奥利根湖(矢木沢ダム)
  • 奥利根湖(矢木沢ダム)
  • 奥利根湖(矢木沢ダム)

クリックして
画像を拡大

施設データ

分類:河川
建設年:1959年(昭和34年)~1967年(昭和42年)
建設の背景(由来・ストーリー):1947年(昭和22年)9月のカスリーン台風による大洪水を契機として、1948年(昭和23年)4月には、利根川の水源地に洪水調節を根幹とした多目的ダム群を建設し、洪水調節を行うことによって、上流端八斗島(やったじま)における計画高水流量を14,000㎥/sに抑える基本方針が治水調査会小委員会で打ち出されました。
1951年(昭和26年)に建設省(現在は国土交通省)はこの方針にもとづき、翌年藤原ダム建設に着手しました。
また、東京都は、戦後復興するにつれて、東京周辺の人口は増加の一途をたどることを予想し、水道用水をどうしても利根川に水源を求める以外にないとして検討していました。戦前、群馬県営として認可になりながら未着手のままになっていた利根川河水統制事業が、1952年(昭和27年)に国土総合開発法に基づいて国で実施することに決定されるや、都の水道水源を利根川に求めることを建設大臣(現在は国土交通大臣)に要請しました。
1955年(昭和30年)1月、群馬県、東京電力(株)、東京都の3者の間で「矢木沢ダム建設共同調査委員会」を設置し、水量配分等を検討しました。
このように、利根川における治水と利水とを一貫した国土総合開発を進めることが必要となってきました。そこで、建設省は前記の「矢木沢ダム建設共同委員会」の中にはいり、4者間で意見の調整を行って、1958年(昭和33年)9月、矢木沢ダムは特定多目的ダム法に基づき発電用水、灌漑用水、上水道用水に洪水調節の目的を加えて、建設省が施工することとなりました。1959年(昭和34年)に着手し、1962年(昭和37年)に建設省から水資源開発公団(現在は独立行政法人水資源機構)に移管され、1967年(昭和42年)8月に竣功式を迎え、10月管理所へ移行した。ダム完成まで8年6ヵ月を要しました。
出典:ダム便覧icon
施設の役割:矢木沢ダムは、5つの目的をもっています。
(1) 洪水調節
(2) 流水の正常な機能の維持
(3) 農業用水
(4) 水道用水
(5) 発電
出典:ダム便覧icon
関連する土木技術者:阪西徳太郎:初代所長
望月邦夫:二代目所長
近藤邦二:三代目所長

Rate this post

矢木沢ダムは、利根川本川の最上流部に建設された多目的ダムで、堤頂高131mのアーチ式コンクリートダムです。
1959年(昭和34年)に建設省(現国土交通省)が着手し、1962年(昭和37年)の水資源開発公団(現水資源機構)の設立に伴い公団(現機構)に継承され、厳しい地理的、気象的条件を克服しつつ工事が進められ、1967年(昭和42年)に完成しました。
出典:独立行政法人 水資源機構  沼田総合管理所 矢木沢ダムicon

 

施設の状態:供用中
所在地:群馬県利根郡みなかみ町藤原字矢木沢
アクセス:JR上越線:水上駅から車で約40分
JR上越新幹線:上毛高原駅から車で約1時間
車:水上ICから約45分

見学方法(開館時間、入館料等):〔矢木沢ダム資料室(ネイチャービュー矢木沢)〕
開館時間:9:30~16:30
休館日:冬期
入館料:無料

周辺情報

周辺の歴史スポット

    周辺の観光スポット

      周辺の宿泊・温泉

        口コミ・写真

        奥利根湖(矢木沢ダム)の平均評価
        Rate this post

        レビューを投稿する

         

        Optionally add an image (JPEG only)

        社会科見学

        プロのみどころポイント

        技術的特徴

        アーチ式コンクリートダム矢木沢ダムの諸元は、堤高131.0m、堤頂長352m、堤頂幅7.9m、堤体積570,000㎥、総貯水容量2億430万㎥ですが、使われた資材はセメント約17.1万トン(セメント袋約340万袋)、砂利約90万トン(ダンプトラック約10万台分)、砂約30万トン(ダンプトラック約3万台分)、鉄筋約2,100トン等多量でした。矢木沢ダムの建設にあたっては、技術者達は地質的・地形的な難しさを十分に把握し、それらを技術的に克服し、設計・施工にあたりました。
        その矢木沢ダムの技術的な特徴について、水資源協会編『水を拓く-ダム・堰・湖沼開発の技術史』(水資源開発公団・平成14年)に、次のように4項目が述べられています。
        (1) 堤高130mの非対称三心円不等厚アーチダムの座取りと設計
        (2) 堤体外にスキージャンプ式洪水吐きを採用
        (3) 右岸鞍部河床砂礫上に設置したわきダムと、コンクリート連続地中壁による止水
        (4) 原石運搬に大規模索道を採用
        矢木沢ダム建設の技術的な特徴について、4項目を挙げてみましたが、その技術は、その後のわが国のダム造りに大きな貢献を果しました。
        出典:ダム便覧

        その他

        出典:独立行政法人 水資源機構 沼田総合管理所 矢木沢ダム