TOP > 関東 > 奥多摩橋

奥多摩橋

おくたまばし

基本情報

戦前の道路用鋼アーチ橋として最大スパンであり、アーチライズの大きい、非常に優美な橋梁

拡大写真
  • 奥多摩橋
  • 奥多摩橋
  • 奥多摩橋
  • 奥多摩橋

クリックして
画像を拡大

施設データ

分類:道路・橋梁
建設年:1939年(昭和14年)
建設の背景(由来・ストーリー):この辺りは古くから鎌倉街道秩父道が通じており、 八王子方面に抜ける交通の要所でしたが架橋までは古来より多摩川を挟んで吉野村と三田村を結ぶ「竹の下の渡し」が交通の手段でした。青梅鉄道が1920年に二俣尾まで開通したこともあり、近隣の村々から架橋運動が起こり、大正9年に発足した地元架橋促進委員会の陳情により昭和2年に架橋が認可され、地元の人たちの積み立てと都の出資により昭和14年(1939)3月に奥多摩橋が完成しました。
icon
施設の役割:青梅市二俣尾町と柚木町を結ぶ多摩川に架かる道路橋
関連する土木技術者:設計者は、不明
上部工製作者は、宮地鉄工所

Rate this post

本橋は、水面から高さ33m、橋長176mの雄大なブレースドリブアーチ橋で、側径間は、都内では珍しい魚腹トラスとなっています。戦前の道路用鋼アーチ橋としては、最大スパン(108m)であり、アーチライズの大きい優美な橋であることから、平成21年11月に近代土木遺産の中から選定されました。
icon

 

施設の状態:供用中
所在地:東京都青梅市柚木町(ゆぎまち)2丁目・二俣尾(ふたまたお)4丁目
アクセス:青梅線二俣尾駅から約5分
見学方法(開館時間、入館料等):河川敷きの遊歩道から全体が見えます。
軍畑駅の前から遠景が見えます。

周辺情報

周辺の歴史スポット

    周辺の観光スポット

      周辺の宿泊・温泉

        口コミ・写真

        奥多摩橋の平均評価
        Rate this post

        レビューを投稿する

         

        Optionally add an image (JPEG only)

        社会科見学

        プロのみどころポイント

        技術的特徴

        主要部はアーチ構造ですが、橋脚より端の部分は下路トラスを上下に反転したような、魚腹トラスという珍しい構造になっています。橋の北側は単連ですが、南側は2連になっています。
        出典


        その他